2017年08月22日 08時00分 公開
特集/連載

知らないと損をするNVMeの3つの実装方法とメリット/デメリットNVMeの性能を引き出す3つの実装方法(後編)

ストレージプロトコルのパフォーマンスの問題を解決するために生み出された新しいプロトコルがNVMeだ。これを利用するための具体的な実装方法は3つある。どれを選ぶべきなのか。

[Chris Evans,Computer Weekly]
Computer Weekly

 前編(Computer Weekly日本語版 8月2日号掲載)では、レガシープロトコルの限界と、それに代わるNVMeについて詳しく解説した。このNVMeを実装する方法は3つある。

Computer Weekly日本語版 8月16日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月16日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

サーバでのNVMe

 1つは、サーバでNVMeドライブを使用する方法だ。

 この方法では、サーバがBIOSレベルでデバイスを物理的にサポートする必要があるのは明らかだ。OSもNVMeをサポートする必要があるが、最新のOSはほぼ全て、既にNVMeをネイティブにサポートしている。VMwareの「VMware Virtual SAN」などのプラットフォームはNVMeを18カ月以上サポートしており、その間パフォーマンスを順調に向上している。

アレイでのNVMe

 2つ目は、ストレージのサプライヤーが自社製品でNVMeドライブをサポートする方法だ。

 最近のストレージアレイはほとんどが、サーバハードウェアと幾つかのカスタムコンポーネントで構成される。SASドライブをNVMeに置き換えると、パフォーマンスとスループットが向上する。アレイのサプライヤーは、パフォーマンス、回復性、シンプルさを向上する方法として、SATAからSASやファイバーチャネルドライブへの移行など、同様の変更を以前から何度も行ってきた。こうした変更には、ストレージコントローラーなどの内部コンポーネントのアップグレードも必要になる。

 最近、ストレージアレイサプライヤーはNVMeサポートを発表し始めている。Pure Storageは、NVMeサポートを備えた「FlashArray//X」を2017年4月にリリースした。HPEは、同社の「HPE 3PAR」プラットフォームでバックエンド接続にNVMeサポートを提供する予定であることを発表している。NetAppは、同社の最新ハードウェアプラットフォームで、NVMeフラッシュストレージを読み取りキャッシュ(「NetApp Flash Cache」)として提供している。

NVMeのボトルネックになるアレイコントローラー

 だが、ストレージアレイ内でNVMeを使用するストレージサプライヤーは、アレイのOSがボトルネックになり始めるという問題に直面する。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...