2017年09月20日 05時00分 公開
特集/連載

「テープバックアップ」はZ(ゼタ)Bを超えるといわれるクラウドのデータ保持にも有効クラウド利用にも実は必須(2/2 ページ)

[Jon Toigo,TechTarget]
前のページへ 1|2       

アクティブアーカイブとオブジェクト指向ストレージ

 アクティブアーカイブに関連する情報として、オブジェクト指向ストレージにも触れておこう。オブジェクト指向ストレージは、データを階層ではなく1つ1つの部品、つまりオブジェクトとして扱う考えである。拡張性が高く、分散管理も可能で、大容量のデータつまりビッグデータを扱えるのが特徴である。ビッグデータを扱うためには、テープなどの既存のストレージでは処理しきれなくなっており、分散処理に向いているオブジェクト指向ストレージが必要だ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...