2017年10月01日 05時00分 公開
特集/連載

新「Amazon Fire HD 10」はコストパフォーマンス抜群、Alexaのハンズフリー利用も可能性能はアップ、価格はダウン

Amazonの10.1インチ新型タブレットは前バージョンに比べてディスプレイの解像度が上がり、ストレージ容量は増えたが、価格は下がった。さらに、デジタルアシスタント「Amazon Alexa」と簡単に対話操作ができる。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | スマートデバイス | タブレット


 Amazonの新型「Fire HD 10」は、中型とはいえ、同社のフラグシップタブレットになるだろう。10.1インチディスプレイの解像度は1920×1200で、画素密度は224ppiになる。Amazonの発表では、1.8GHzクアッドコアプロセッサにより、前モデルより30%高速になっているという。ストレージ容量は32Gバイトと64Gバイトのいずれかを選択でき、新たにDolbyの「Dolby Atmos」デュアルスピーカーも搭載している。

画像

 他のFireタブレットと同様、Googleの「Android」に手を加えたOSを搭載している。事実上、OSへの全ての変更は、Amazonのサービスとより密接に連携するよう設計されている。そのため、アプリ、書籍、動画などはどれもGoogleの「Google Play Store」ではなく、Amazonから購入することになる。

 一般的に、消費者向けのモバイルデバイスは、カラーバリエーションが豊富である。Fire HD 10も例外ではなく、ブラック、ブルー、レッドの3色から選べる(米国の場合。国内はブラックのみ)。

ハンズフリーで使えるAlexa

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...