IEからMicrosoft Edgeへ、乗り換えを急かすMicrosoftの“あの手この手”新たなWebブラウザを理解する

「Microsoft Edge」は「Cortana」と連携し、拡張機能のライブラリを充実することにより、Windows 10ユーザーを取り込むことを目指している。

2017年11月28日 05時00分 公開
[Priyanka KetkarTechTarget]
「Microsoft Edge」のWebサイト《クリックで拡大》

 Microsoftは「Internet Explorer」(IE)をWindows 10のデフォルトのWebブラウザである「Microsoft Edge」で置き換えたい意向だ。

 MicrosoftはC++で記述したレイアウトエンジンであるEdgeHTMLを利用して、Edgeを動作の軽いWebブラウザに設計した。Edgeは、生産性やセキュリティ向上のための機能を幾つか提供しているが、企業がMicrosoft Edgeを採用する場合に、レガシーアプリの互換性が問題になり得る。

生産性向上に関する機能

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。