ユニファイドコミュニケーション導入で直面する6つのトラブルと解決策時には短期間のコンサルタントも必要

ユニファイドコミュニケーション(UC)システムのトラブルシューティングをするために、よく発生する問題と解決法を記載したリストを紹介しよう。

2018年06月27日 05時00分 公開
[Terry SlatteryTechTarget]

 優れたユニファイドコミュニケーション(UC)システム導入の成否は、細部まで正確に導入を実施できるかどうかにかかっている。導入を成功させるための、6つのヒントを紹介しよう。

ヒント1:組織の業務との一致

 UCシステムの機能は、組織の業務と一致している必要がある。頻繁に発生する作業は、使いやすい機能で対処すべきだ。音声会議やビデオ会議などのコラボレーション機能を統合すれば、両方の会議で単一のUI(ユーザーインタフェース)が使えるようになる。組織内の部門によっては、チャットルームにおいて文書保管や一定期間のチャット履歴を表示させる機能が必要になる場合がある。ユーザーが最小限の労力で参加できる音声およびビデオシステムの統合が、いかにうまく実現できているかを調査するといい。

ヒント2:ダイヤルプランの統合

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。