2018年06月27日 05時00分 公開
特集/連載

ユニファイドコミュニケーション導入で直面する6つのトラブルと解決策時には短期間のコンサルタントも必要

ユニファイドコミュニケーション(UC)システムのトラブルシューティングをするために、よく発生する問題と解決法を記載したリストを紹介しよう。

[Terry Slattery,TechTarget]

 優れたユニファイドコミュニケーション(UC)システム導入の成否は、細部まで正確に導入を実施できるかどうかにかかっている。導入を成功させるための、6つのヒントを紹介しよう。

ヒント1:組織の業務との一致

 UCシステムの機能は、組織の業務と一致している必要がある。頻繁に発生する作業は、使いやすい機能で対処すべきだ。音声会議やビデオ会議などのコラボレーション機能を統合すれば、両方の会議で単一のUI(ユーザーインタフェース)が使えるようになる。組織内の部門によっては、チャットルームにおいて文書保管や一定期間のチャット履歴を表示させる機能が必要になる場合がある。ユーザーが最小限の労力で参加できる音声およびビデオシステムの統合が、いかにうまく実現できているかを調査するといい。

ヒント2:ダイヤルプランの統合

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...