2018年07月20日 05時00分 公開
特集/連載

Airbnbが実践するBIベストプラクティスは使いやすさファースト「物理的に」データに触れさせる案も

AirbnbとUnivision Communicationsが「Real Business Intelligence」カンファレンスで、成長促進とコスト削減の一助とするために使っているBI戦略を紹介した。

[Mark Labbe,TechTarget]
画像 AirbnbやUnivision CommunicationsのBI戦略とは

 AirbnbやUnivision Communicationsのような数十億ドル規模の業界大手にとって、BIは欠かせない。BIベストプラクティスは成長を促進させる助けになる。

AirbnbのBI

 宿泊サービスを提供するAirbnbではデータが継続的に流れ続け、経営上層部は毎日その動向を観察したいと考えている。同社のデータサイエンティスト兼財務インフラ担当製品マネジャー、テリーザ・ジョンソン氏は「Real Business Intelligence 2018」のパネルディスカッションでそう紹介した。

 ジョンソン氏はもっと簡単に分析指標(メトリクス)を作成できるシステムの開発を推進し、データサイエンスチームがコラボレーションに集中できる職場環境を醸成した。

 ジョンソン氏によると、Airbnbは大部分、独自のツール群を使ってデータを分類している。だが、同氏が使ったBIのベストプラクティスは「slice-and-dice」の手法だ。個人の別荘レンタル市場に関するメトリクスを、データを細切れにしながら分析、編集する手法だ。外出先でも作業できるよう専用のシステムも構築した。

 しかし、このシステムには欠陥があった。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。