2018年07月20日 05時00分 公開
特集/連載

Airbnbが実践するBIベストプラクティスは使いやすさファースト「物理的に」データに触れさせる案も

AirbnbとUnivision Communicationsが「Real Business Intelligence」カンファレンスで、成長促進とコスト削減の一助とするために使っているBI戦略を紹介した。

[Mark Labbe,TechTarget]
画像 AirbnbやUnivision CommunicationsのBI戦略とは

 AirbnbやUnivision Communicationsのような数十億ドル規模の業界大手にとって、BIは欠かせない。BIベストプラクティスは成長を促進させる助けになる。

AirbnbのBI

 宿泊サービスを提供するAirbnbではデータが継続的に流れ続け、経営上層部は毎日その動向を観察したいと考えている。同社のデータサイエンティスト兼財務インフラ担当製品マネジャー、テリーザ・ジョンソン氏は「Real Business Intelligence 2018」のパネルディスカッションでそう紹介した。

 ジョンソン氏はもっと簡単に分析指標(メトリクス)を作成できるシステムの開発を推進し、データサイエンスチームがコラボレーションに集中できる職場環境を醸成した。

 ジョンソン氏によると、Airbnbは大部分、独自のツール群を使ってデータを分類している。だが、同氏が使ったBIのベストプラクティスは「slice-and-dice」の手法だ。個人の別荘レンタル市場に関するメトリクスを、データを細切れにしながら分析、編集する手法だ。外出先でも作業できるよう専用のシステムも構築した。

 しかし、このシステムには欠陥があった。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...