2018年08月22日 05時00分 公開
特集/連載

激動ながら堅調なSAS SSD市場Western Digitalの15TB SAS SSD「Ultrastar DC SS530」は何がすごいのか 東芝、Samsungと比較

Western Digitalの新しいSAS SSD「Ultrastar DC SS530」は容量が15TBで、前バージョンから倍増した。エンタープライズ向けSAS SSD市場における東芝やSamsung Electronicsの動向と比較しながら、同社製品の特徴を探る。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 これからのエンタープライズ向けストレージ技術の主流は、超高速のNon-Volatile Memory Express(NVMe)ベースPCI Express SSDになるとみられているが、ベンダー各社はSAS SSDにもまだ将来性があると考えているようだ。

 2018年7月、Western Digitalは同社最高密度のエンタープライズ向けSAS SSDのサンプルをOEMパートナーに提供すると発表した。新しい2.5型SSD「Ultrastar DC SS530」は高密度、低コストの64層3D NANDフラッシュを採用し、旧モデル「Ultrastar DC SS300」の2倍となる最大容量15.36TBを実現する。2018年第3四半期末に生産準備が完了する予定だ。

 Western Digitalのエンタープライズ向けSSD製品管理シニアディレクター、エディー・ラミレス氏は「NVMeの人気が高まっているが、SASは今でも信頼性の高い安定したインタフェースだ。SASではHDDとSSDを混在させることが可能だ」と語った。

 SAS SSDはエンタープライズ向けストレージアレイの分野で依然として高い需要があり、サーバ側では、コンピューティング、ストレージ、仮想化のリソースを1つに統合するハイパーコンバージドインフラ(HCI)での需要拡大が見込まれる、と同氏は話す。SAS SSDはSAS HDDのキャッシュ層としても運用可能だ。

 「SASはHCIのようなシステムで今も非常に有効なインタフェースだ。特に、同じサーバ内でSSDとHDDの両方を使用するハイブリッドアレイに適している」(ラミレス氏)

Ultrastar DC SS530の製品概要

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...

news071.jpg

TwitterがキラキラしたInstagramよりも美容の情報源として有益かもしれないと考えられる理由
美容に関する女子のネタ元はインフルエンサーのまぶしい投稿満載なInstagramのみにあらず...