2018年08月09日 05時00分 公開
特集/連載

徹底解説:SSDで評判の4つのフォームファクター 最適な利用方法は?形だけではなく接続方法、通信方式にも注目(1/2 ページ)

SSDのフォームファクターは、移行の容易さからスループットの向上までさまざまなメリットをもたらす。本稿執筆時点では、評判の高い4つのフォームファクターが市場で主流になっている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 フォームファクターは形状だけの話ではない

 SSDはフォームファクターの点から説明されることが多い。つまり、ドライブのサイズや形状によって表現される。だが、フォームファクターが示すのはドライブの物理サイズだけではない。ドライブとPCの接続方法や、マザーボードとドライブ間のデータ受け渡し方法も表す。

 SSDで利用するフォームファクターは多数ある。縦と横の長さの組み合わせを変えても使える種類もある。本稿執筆時点の市場の主流は、2.5型SATA、mSATA、M.2、Peripheral Component Interconnect Express(PCI Express)という4つのSSDフォームファクターだ。

2.5型SATA

 2.5型SATAフォームファクターは「シリアルATA」(SATA)規格に基づく。この規格は、PCとHDDを接続してデータを転送するために考案されている。SATA規格ではシリアル信号を利用しており、パラレル信号を利用していた「パラレルATA」(PATA)規格とは異なる。

 SATAの転送速度は600Mbpsと、PATAの133Mbpsに比べて大幅に高速化されている。PATAとは違い、SATAは外付けドライブに使える。また、ドライブを「ホットスワップ」できる。ホットスワップとは電源を入れたまま機器の交換をすることだ。さらに、SATAで使用されるケーブルはかなり細い。取り扱いが簡単で、PC内部の空気の流れも改善される。そのため、PCにつなげられるコネクター数は多くなる。

 多くのSSDベンダーは早くから2.5型SATA規格を採用している。HDDからSSDへの移行が非常に容易になるためだ。メリットはそれだけではない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...