2018年12月14日 05時00分 公開
特集/連載

ファイル、ブロック、オブジェクトいまさら聞けない「SAN」と「NAS」 アーキテクチャで読み解く、その違いとは (2/3)

[Stacey Peterson, Rodney Brown and Randy Kerns,TechTarget]

NASのメリット

 NASの大きなメリットは使いやすさだ。NASのメタデータは階層構造になっているため、ユーザーが理解をしやすい。ユーザーはブラウザを使用してファイル名を確認したり、分かりやすい名前を付けたフォルダで整理できたりする。

 ユーザーがどこにいてもデータを共有できるため、共同作業に向いている。ネットワークに接続されたデバイスからファイルやフォルダに簡単にアクセスできるためだ。音声、動画、Webサイト、テキストファイル、「Microsoft Office」のドキュメントなど、非構造化データを管理できる。

 取り付けるディスク数や容量を増やすことでストレージ全体の容量を増やせる。このアプローチを「スケールアップNAS」と呼ぶ。クラスタ化して「スケールアウトNAS」にするというアプローチも取れる。ハイエンド型のNASは、RAID用にディスクを収容できるようになっている。

 UNIXの標準規約であるPOSIXに準拠したファイルアクセスができるため、セキュリティやファイルアクセスの一元管理も容易だ。

NASのデメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...