2019年02月02日 05時00分 公開
特集/連載

サブスクリプションで提供常に最新PCを使える 「サービスとしてのデバイス」のメリットとデメリット

「サービスとしてのデバイス」の利点は、手厚いサポートサービスや、最新の高機能デバイスを短期間で調達できることなどだ。だがメリットばかりではない、想定外の影響も考慮する必要がある。

[John Powers,TechTarget]
画像

 エンドユーザーが利用するデバイスのライフサイクル(調達・導入・運用・廃棄)を設定し、適切なデバイスサポートを用意し、デバイスに不具合があれば対処する。こうしたデバイス管理において求められることを、IT担当者は予算内で全て実施する必要がある。

 IT担当者の多くが実際にこれらを実践しているように、こうした役割を果たすことは不可能ではない。だがベンダーがデバイスをリースで提供する「サービスとしてのデバイス」(Device as a Service)のプランを採用すれば、デバイス管理の負担を軽減できる。サービスとしてのデバイスのプランでは、必要なサポートサービスやデバイスのメンテナンス、修理はそのプランを提供するベンダーが提供する。

 Dell TechnologiesやLenovoといったエンドユーザー向けのデバイスを提供しているベンダーは、サブスクリプション方式(月額や年額で課金する製品提供の形態)でサービスとしてのデバイスによるプランを提供している。

「サービスとしてのデバイス」のメリット

 サービスとしてのデバイスには、分かりやすいメリットがある。その1つは、デバイスのトラブルへの対処が必要になった場合、どのような種類のトラブルであってもIT担当者は1カ所に連絡すれば済むという点だ。プランを提供するベンダーがデバイスのメンテナンスやデバイスで利用するサービスに関する責任を負うため、IT担当者がハードウェアやソフトウェアの複数のベンダーに連絡する必要がない。プランを提供するベンダーにデバイスのトラブルへの対処やメンテナンスを任せ、IT担当者は他の仕事に時間を割くことができる。

 もう1つのメリットは、デバイスのライフサイクルを短縮できることだ。大半の企業はエンドユーザーに新しいデバイスを提供したり、機能をアップグレードしたりするペースを速められる。IT担当者がデバイスのライフサイクルを管理する場合、新しいデバイスの購入費を最小限に抑えようと努める傾向がある。そのためエンドユーザーは最新のデバイスよりも性能の劣るデバイスを使い続けなければならないこともあるだろう。だがサービスとしてのデバイスのプランを利用すれば、デバイス購入費の制約がないため、エンドユーザーはデバイスがより短い期間で新しいモデルに切り替わることを期待できる。

 デバイスの管理や運用コストを削減できるということが、サービスとしてのデバイスのプランに含まれることもある。一部のベンダーは確実に契約を獲得するために、提供料金の値下げを求める顧客の要求に応じている。

デバイスの選択肢

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...