2019年04月25日 05時00分 公開
特集/連載

コスト削減と自動化を推進するサーバレスで「労働時間の4割がインフラのお守り」という常識が変わる

IaaSとPaaS分野で「サーバレスコンピューティング」が注目されつつある。Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏のインタビューを基に、この技術が企業にもたらすメリットを説明する。

[Mekhala Roy,TechTarget]
画像

 調査会社Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏によると、IaaS(Infrastructure as a Service)とPaaS(Platform as a Service)分野のトレンドの一つが「サーバレスコンピューティング」だ。同氏が米フロリダ州オーランドで開催された年次イベント「Gartner Symposium/ITxpo 2018」で語った内容によると、サーバレスコンピューティングとは、インフラのプロビジョニング(配備)や運用、管理をユーザーから全く見えないようにする考え方だ。IaaSとPaaSの橋渡しとしても、サーバレスコンピューティングは機能するという。

 本稿は、チャンドラセカラン氏へのインタビュー内容をまとめた。同氏は、企業に対する社内開発者の影響力が高まっていることなど、サーバレスコンピューティングが関心を集める要因に加え、サーバレスコンピューティングのコスト面での潜在的メリットと、開発者の生産性/スケーラビリティ向上の可能性について語った。

―― なぜサーバレスコンピューティングへの関心が高まっているのですか。サーバレスコンピューティングのメリットとは何ですか。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...