2019年04月25日 05時00分 公開
特集/連載

サーバレスで「労働時間の4割がインフラのお守り」という常識が変わるコスト削減と自動化を推進する

IaaSとPaaS分野で「サーバレスコンピューティング」が注目されつつある。Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏のインタビューを基に、この技術が企業にもたらすメリットを説明する。

[Mekhala Roy,TechTarget]
画像

 調査会社Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏によると、IaaS(Infrastructure as a Service)とPaaS(Platform as a Service)分野のトレンドの一つが「サーバレスコンピューティング」だ。同氏が米フロリダ州オーランドで開催された年次イベント「Gartner Symposium/ITxpo 2018」で語った内容によると、サーバレスコンピューティングとは、インフラのプロビジョニング(配備)や運用、管理をユーザーから全く見えないようにする考え方だ。IaaSとPaaSの橋渡しとしても、サーバレスコンピューティングは機能するという。

 本稿は、チャンドラセカラン氏へのインタビュー内容をまとめた。同氏は、企業に対する社内開発者の影響力が高まっていることなど、サーバレスコンピューティングが関心を集める要因に加え、サーバレスコンピューティングのコスト面での潜在的メリットと、開発者の生産性/スケーラビリティ向上の可能性について語った。

―― なぜサーバレスコンピューティングへの関心が高まっているのですか。サーバレスコンピューティングのメリットとは何ですか。

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...