2019年06月11日 08時30分 公開
特集/連載

Lenovo「ThinkReality A6」はAR/VR市場で「HoloLens 2」の対抗馬になるか?法人向けツールとの連携も

LenovoはAR(拡張現実)ヘッドマウントディスプレイ「ThinkReality A6」を発表した。業務に使用することを念頭にコスト効率の高い設計になっている。

[Tanner Harding,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things)


画像 Lenovoの「ThinkReality A6」《クリックで拡大》

 Lenovoは新製品「ThinkReality A6」(以下、A6)で独自のAR(拡張現実)テクノロジーを法人向けに展開する。

 2019年5月13日開催の年次カンファレンス「Accelerate 2019」でLenovoが発表した内容によると、A6は業務用ARアプリケーションの使用を目的として開発したヘッドマウントディスプレイ(HMD)だ。エキスパートによる作業指示の表示や修理時間の短縮、エラー削減、複雑なワークフローの効率化、トレーニングの質の向上、コスト削減に役立つという。

 A6は「ThinkReality」というLenovoのAR製品群の一製品という位置付けだ。ThinkRealityはハードウェア機器に加え、ARとVR(仮想現実)のアプリケーションを構築、展開、管理するための法人向けソフトウェアで構成される。

ThinkReality A6の製品概要と「HoloLens 2」との違い

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...