2019年07月25日 10時05分 公開
特集/連載

「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」は、半期チャネル(SAC)と何が違うのか?「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」ガイド【前編】

「半期チャネル」(SAC)と「長期サービスチャネル」(LTSC)。Microsoftがそれぞれのサービスモデルで提供する「Windows 10」は、何が違うのか。それぞれの長所と短所を探る。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 「Windows 10」には、年に2回新バージョンがリリースされる「半期チャネル」(SAC)と、2〜3年ごとに新バージョンが登場する「長期サービスチャネル」(LTSC)の2つのサービスモデル(OSの更新モデル)がある。MicrosoftはWindows 10の企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のLTSCバージョンである、「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」(以下「2019 LTSC」)を2018年末にリリースした。これにはセキュリティ、展開、構成、管理、分析に関する新機能や機能強化が含まれている。これらの変更によって、2019 LTSCはMicrosoftがSACでリリースしたバージョン「Windows 10 Version 1809」(ビルド番号17763)とほぼ同等のものになった。Windows 10 Enterprise導入企業のIT管理者は、2019 LTSCの長所と短所を把握しておく必要がある。

「Windows 10」のサービスモデル

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...