「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」は、半期チャネル(SAC)と何が違うのか?「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」ガイド【前編】

「半期チャネル」(SAC)と「長期サービスチャネル」(LTSC)。Microsoftがそれぞれのサービスモデルで提供する「Windows 10」は、何が違うのか。それぞれの長所と短所を探る。

2019年07月25日 10時05分 公開
[Robert SheldonTechTarget]
画像

 「Windows 10」には、年に2回新バージョンがリリースされる「半期チャネル」(SAC)と、2〜3年ごとに新バージョンが登場する「長期サービスチャネル」(LTSC)の2つのサービスモデル(OSの更新モデル)がある。MicrosoftはWindows 10の企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のLTSCバージョンである、「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」(以下「2019 LTSC」)を2018年末にリリースした。これにはセキュリティ、展開、構成、管理、分析に関する新機能や機能強化が含まれている。これらの変更によって、2019 LTSCはMicrosoftがSACでリリースしたバージョン「Windows 10 Version 1809」(ビルド番号17763)とほぼ同等のものになった。Windows 10 Enterprise導入企業のIT管理者は、2019 LTSCの長所と短所を把握しておく必要がある。

「Windows 10」のサービスモデル

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...