2019年07月25日 10時05分 公開
特集/連載

「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」は、半期チャネル(SAC)と何が違うのか?「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」ガイド【前編】

「半期チャネル」(SAC)と「長期サービスチャネル」(LTSC)。Microsoftがそれぞれのサービスモデルで提供する「Windows 10」は、何が違うのか。それぞれの長所と短所を探る。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 「Windows 10」には、年に2回新バージョンがリリースされる「半期チャネル」(SAC)と、2〜3年ごとに新バージョンが登場する「長期サービスチャネル」(LTSC)の2つのサービスモデル(OSの更新モデル)がある。MicrosoftはWindows 10の企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のLTSCバージョンである、「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」(以下「2019 LTSC」)を2018年末にリリースした。これにはセキュリティ、展開、構成、管理、分析に関する新機能や機能強化が含まれている。これらの変更によって、2019 LTSCはMicrosoftがSACでリリースしたバージョン「Windows 10 Version 1809」(ビルド番号17763)とほぼ同等のものになった。Windows 10 Enterprise導入企業のIT管理者は、2019 LTSCの長所と短所を把握しておく必要がある。

「Windows 10」のサービスモデル

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。