2019年08月08日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」で強化された管理機能、何が変わった?「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」ガイド【後編】

「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」は、デスクトップの展開と管理に関する機能を強化した。新たにできるようになったことを解説する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 Microsoftは「Windows 10」の企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のLTSC(長期サービスチャネル)バージョンである、「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」(以下「2019 LTSC」)を2018年末にリリースした。LTSCは、2〜3年ごとに新バージョンが登場するWindows 10のサービスモデル(OS更新モデル)だ。前編「『Windows 10 Enterprise 2019 LTSC』は、半期チャネル(SAC)と何が違うのか?」、中編「『Windows 10 Enterprise 2019 LTSC』のセキュリティ機能強化、何が変わった?」に続く本稿は、2019 LTSCの管理機能に焦点を当てて解説する。

Windows 10 Enterprise 2019 LTSCの管理機能

 2019 LTSCは、Windows 10デバイスの展開と管理に関する機能を強化した。デバイスライフサイクル管理サービスの「Windows Autopilot」は、Windows 10のデプロイ(配備)を効率化する。デバイス管理ツール「Microsoft Intune」と併用すれば、IT担当者がWindowsのイメージファイルを事前に作成して導入しなくても、エンドユーザーにWindows 10デバイスをデプロイできる。

 2019 LTSCに含まれるコマンドラインユーティリティー「mbr2gpt.exe」は、ディスク内のデータを変更したり削除したりせずに、ディスクのパーティション管理の仕組みをマスターブートレコード(MBR)形式からGUIDパーティションテーブル(GPT)形式へ変換する。MicrosoftはOSのインストールやアンインストールといった操作ができるツール「展開イメージのサービスと管理」(DISM)の新しいコマンドも追加した。

MDMなどのデバイス管理も強化

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...