2019年09月18日 05時00分 公開
特集/連載

誇大広告も少なくないAIブームの功罪“なんちゃってAI”にだまされない 「真のAIOpsツール」を見極める5つの特徴

運用管理市場では、AI技術を活用した「AIOps」が盛り上がりを見せている。ただし中には、採用している技術が本当にAI技術かどうか疑わしい製品もある。真のAIOps製品かどうかを見極める、5つの特徴を紹介する。

[Clive Longbottom,TechTarget]
画像

 人工知能(AI)技術を利用しないITシステムでも、あたかもAI技術を利用するかのように宣伝しているものは少なくない。機械学習などのAI技術やビッグデータを使用し、IT運用の業務効率を上げる「AIOps」製品にも、これは当てはまる。真のAIOps製品と模倣製品を判別する基準はどこにあるのだろうか。

 この違いを示す例を1つ紹介しよう。

 子どもはよく、火の扱いについて忠告を受ける。「触るとやけどをするから触らないように」と。この忠告に耳を傾ける子どもは、ルールに従う能力がある。忠告には耳を傾けるが、火を触るとどうなるかを自分で確かめるために、あえて火に触る子どももいる。やけどを負った後、二度と触らないと心に誓うだろう。このような子どもには学習する能力がある。

 火の扱いについて一度も忠告を受けたことのない子どもが、火を触ってやけどを負ったらどうだろうか。子どもによっては、もう一度同じことを繰り返して、炎に近づくほど熱くなることにようやく気付く。炎から遠ざかると熱さが和らぐことに気付く可能性もある。

 このような子どもは知識を身に付けて、知性を発揮する。これが、真のAIOps製品が取るべき行動だ。

AIOps製品が満たすべき5つの要件

 AIOpsだとうたっている製品の中核にAI技術が据えられているかどうかを判断するには、次の5つの要素を確認してほしい。

1.ルールへの順応性

 ルールベースのシステムの基本的な機能は、アプリケーションを実行して多くのITの問題に対処する効率的な方法を実現することだ。ただし対象となる問題が簡単に定義して特定でき、不変であることが条件となる。

 AIOps製品は、特定の環境内でルールに合致しない事象が発生すると、その理由を学習し、その事象に対応すべく順応する。例えば新しいネットワーク機器であれば、ファームウェアのアップグレードを問題なく受け取れるだろう。だが古いネットワーク機器はアップグレードに必要な量のメモリを搭載していない可能性がある。AIOps製品は、古いネットワーク機器について例外のインシデントを発生させるだけでなく、最新で使用率が低い別のネットワーク機器にトラフィックを再ルーティングできる。古いネットワーク機器には機密度の低いトラフィックや、限定した一部のトラフィックをルーティングする。

2.真の学習

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...

news035.jpg

企業の魅力は人の魅力――電通パブリックリレーションズ「第4回魅力度ブランディング調査」
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者1万人を対象とした「第4...

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...