2019年12月19日 05時00分 公開
特集/連載

UEM選定で重視すべき6つのポイント【後編】UEMの比較ポイント「アプリケーション管理」「IAM」とは?

「統合エンドポイント管理」(UEM)は「モバイルデバイス管理」(MDM)や「モバイルアプリケーション管理」(MAM)など各種機能を内包しており、特徴を見極めるのは容易ではない。選定ポイントは。

[Gary Olsen,TechTarget]

 前編「統合エンドポイント管理(UEM)を『対応OS』『セキュリティ』で比較するコツ」に続く後編となる本稿は、「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を比較検討する際に確認すべき6つのポイントのうち、残る4つについて取り上げる。以下の主要なUEM製品10点を参考にした。

  • VMware Workspace ONE UEM Powered by AirWatch(VMware)
  • IBM MaaS360 with Watson(IBM)
  • Microsoft Intune(Microsoft)
  • MobileIronエンタープライズモビリティ管理(MobileIron)
  • BlackBerry Unified Endpoint Manager(BlackBerry)
  • Sophos Mobile(Sophos)
  • Citrix Endpoint Management(Citrix Systems)
  • SureMDM(42Gears Mobility Systems)
  • Desktop Central(ZohoのManageEngine部門)
  • Unified Endpoint Manager(Ivanti Software)

ポイント3.デバイスの管理とライフサイクル

 UEM製品は多種多様な管理タスクを実行できなければならない。BYOD(私物端末の業務利用)環境では特にそうだが、企業のセキュリティにはデバイス管理が重要になるためだ。PCからIoT(モノのインターネット)デバイスまで、幅広いデバイスの管理が求められる。

 中にはMicrosoftの「Windows 7」や「Windows 8.1」など、レガシーOSを実行するデバイスを管理できないUEM製品もある点に注意が必要だ。ほとんどのUEM製品はウェアラブルデバイスの管理に苦労しており、管理対象のデバイスによっては機能が限定されることがある。IT製品購入担当者はUEM製品に、単一の窓口として機能する優れたダッシュボードが用意されているかどうかも確認すべきだ。

ポイント4.アプリケーションとソフトウェアの管理

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...