2020年01月06日 05時00分 公開
特集/連載

「AR」の主戦場はスマートフォンからHMDへ その前提条件とは?「AR」の理想と現実【前編】

「AR」(拡張現実)技術はまだ成熟途上段階だが、間もなく急成長を迎えそうだと専門家は予測している。AR技術はどう進化し、どう普及するのか。

[Stan Gibson,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | IoT(Internet of Things) | 製造業


 さまざまな企業が、技術スタッフや遠隔拠点の従業員の生産性を大きく高めることに「AR」(拡張現実)技術が有用だと考えている。

 環境修復に関わる事業を展開するEncotech Engineering Consultantsでバイスプレジデントを務めるジェイソン・ラリ氏は「中東で働く従業員のトレーニングに対して、まるですぐ隣に立っているように遠隔サポートできる」と話す。同社では、遠隔地にある顧客の下水処理施設などの作業場所でさまざまな機器の設置や修理をする技術者が、セイコーエプソンのAR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使用している。

 「VR」(仮想現実)用HMDは、ユーザーの視界を没入型映像で覆う一方、AR用HMDは現実世界に仮想要素を付け加える。Encotech Engineering Consultantsの技術者のような作業者はAR用HMDを使うことで、ガイダンスが必要なときに部品図や修理手順などの情報を見ながら作業できる。AR用HMDがなければ、紙の説明書やタブレット/スマートフォンの画面を参照しなければならないだろう。

2次元と3次元の壁

 2019年に開催された最高情報責任者(CIO)向け年次カンファレンス「MIT Sloan CIO Symposium」の講演で、ハーバードビジネススクール(Harvard Business School)教授のマイケル・ポーター氏はこう語った。「現在のユーザーインタフェースは物理世界とデジタル世界を切り離している。物理世界と調和するユーザーインタフェースが必要だ」。2次元のインタフェースと3次元の世界を行ったり来たりして作業していると、脳に負担が掛かり、作業者の生産性や正確性を低下させる。同氏はこれを「認知距離」の問題と呼ぶ。

 これに対し、AR技術を用いたユーザーインタフェースは2次元と3次元を調和させる。ポーター氏は「AR技術が作業にもたらす影響は大きい。最前線で働く作業者に情報を提供する最も自然な方法だ」と強調。「これで工場での作業も最先端の技術を取り入れたクールなものになる」と語る。

AR需要はスマートフォンからHMDへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...