2019年06月10日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」が飛躍させるAR/VR【前編】「5G」が救世主に AR/VRの“PC市場超え”を阻む致命的な課題とは?

さまざまなシーンでの利用が期待されるAR/VRだが、本格的に普及するには困難な課題が幾つか残っている。その課題を解消し、市場を急拡大させる可能性を秘めているのが「5G」だ。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

VR | 拡張現実


画像

 次世代のモバイルネットワーク規格「第5世代移動体通信システム」(5G)は、目標とするデータ伝送速度が下り、上りともGbps級になる見込みだ。「第4世代移動体通信システム」(4G)以前よりも、同じ圏内で同時かつ安定的に接続できるデバイスの数が増える。こうした特徴を持つ5Gが持つ本当の価値とは何か、CIO(最高技術責任者)が注目すべき点は何だろうか。

 5Gが企業ITに影響を与えると予想されている分野の一つが、急成長を続ける拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の市場だ。ARとVRは長い間、ゲームの他、宇宙飛行士や外科医といった専門的な職業の訓練に使われてきた。しかしIT市場関係者によると、今後は不動産や小売、製造といった幅広い業界でAR/VRの重要性が増す見通しだ。

 証券会社のGoldman Sachsは、AR/VRを合わせた市場が2025年までに800億ドル規模に達すると予想する。プロセッサの高速化などAR/VRを支える技術の向上が、こうしたトレンドを後押しする。これは現在のPC市場規模にほぼ匹敵する。実際のところ、AR/VRはスマートフォンと同じ程度に企業と顧客との関係に大きく影響を与える可能性があると、Goldman Sachsは予想する。調査会社のGartnerはこのほどまとめた報告書で、2020年までに1億人のコンシューマーが、インターネットや実店舗でAR関連製品を購入すると予想した。

 だがAR/VRがその潜在能力をフルに発揮し、期待通りに市場が拡大するには課題がある。その解決に5Gが役立つ可能性がある。どのような課題があるのかを整理しよう。

AR/VRに残る課題

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...