2020年06月16日 05時00分 公開
特集/連載

医療機関が「5G」を導入するなら検討すべき“あのリスク”とは医療ITに革新をもたらす5G【後編】

医療機関が「5G」を導入する場合は検討すべき「潜在的リスク」がある。それは何か。

[Makenzie Holland,TechTarget]

関連キーワード

データ通信 | 医療IT | ネットワーク


 「5G」(第5世代移動通信システム)の投資可能性を検討する医療機関のCIO(最高情報責任者)にとって、注意すべき懸案事項とは何か。前編「医療機関がまだ高過ぎて導入できなくても『5G』に可能性を感じる理由」に引き続き、医療機関が5Gを活用するために把握すべき要素を説明する。

 医療機関が5Gを最大限に活用するには、機器や設備を全面アップグレードしなければならない可能性がある。これには非常に高額なコストが伴う。

 新技術の価格は時間がたてば下がる。「5Gのコストは、最終的には医療機関に手が届く水準に落ち着くだろう」と、コンサルティング会社Technology Business Researchで情報通信アナリストを務めるクリス・アントリッツ氏は次語る。だが5Gを利用するために医療機関のITインフラを整備するには「時間がかかる」というのがアントリッツ氏の見方だ。

 医療機関のCIOは、5G導入に当たってリスク軽減の責任も担うことになる。「率直に言うと、5Gを使用することによって医療環境にマイナスの影響が生じない確証を一番欲しがっているのはCIO自身だ」とアントリッツ氏は語る。「CIOはリスクがないこと、あるいはリスクが軽減されることを確認して保証する責任を担っている」(同氏)

コストだけではない「5G」の潜在的リスクとは

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...