2020年06月16日 08時30分 公開
特集/連載

新型コロナは大学生の行動をどう変えたか? データで学生の変化を探る大学新型コロナを大学はどう乗り切っているか【前編】

新型コロナウイルス感染症の流行の影響を受けている大学は、自宅に待機している学生の状況を把握し、それに対処するという課題を突き付けられている。それを乗り切るための技術とは。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

教育IT | 機械学習


 2020年3月、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響を受け、学校はオンライン教育実施を迫られた。こうした急激な変化を受け、大学はオンライン教育ツールを導入するとともに、講義や事務手続きをリモート体制で実現するためにデータ分析およびAI(人工知能)技術を活用している。

 自宅待機している学生の学業と精神状況を把握するには、データ分析技術とAI技術が役立つ。大学向けにERP(統合業務)製品や学生情報管理製品を提供するJenzabarは、学生の行動を把握するためのデータ分析活用を支援する。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、米国の大学は急にキャンパスを閉鎖せざるを得なくなった。だが全ての大学が、対面の講義からオンライン講義に切り替える体制を十分に整えていたわけではない。

 「対面指導用の教材をオンライン講義に転用するしかなく、本格的なオンライン講義の実施には至っていない。教員はオンライン教育への移行を急いで進めている」。Jenzabarのシニアデータサイエンティストであり、ロチェスター工科大学(Rochester Institute of Technology)で非常勤教授を務めるステファニー・トンプソン氏はそう説明する。

 こうした急激な変化に加え、新型コロナウイルス感染症の流行という異例の状況に置かれる中、大学は学生とのつながりを維持し、この変化に対する学生の反応を把握しようと努めている。

データで見えたコロナ禍での学生の変化

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...