2021年03月02日 05時00分 公開
特集/連載

「遠隔医療4600人体制」を夜通し作業で実現した医療機関の“信念”COVID-19で遠隔医療に切り替えた医療機関【後編】

医療機関Penn State Healthはパンデミックに対処するために、医療従事者とスタッフ合わせた約4600人を一気に遠隔医療体制に移行させた。同機関が「遠隔医療は、今後の医療戦略を前進させる鍵」と考える理由は。

[Makenzie Holland,TechTarget]

 前編「『遠隔医療』にコロナ禍で一斉移行した医療機関の“教訓”」に続き、本稿も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で遠隔医療に切り替えた医療機関の事例を紹介する。

 米国ペンシルバニア州の医療機関Penn State Health Milton S. Hershey Medical Center(以下、Penn State Health)で副院長を務めるクリストファー・ラコー氏も、COVID-19のパンデミック(世界的大流行)に対処するために遠隔医療体制の構築に注目していた。

“夜通し”作業で遠隔医療システムを増強

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...