企業がIT人材に求める「学位」よりも重要なものとはクラウドが変える学位と資格の評価【第2回】

企業がIT人材の採用をするときに、コンピュータサイエンスの学位を持っているかどうかよりも重視する要素がある。それは何か。

2021年03月02日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]

 ITベンダーや資格団体が認定する認定資格は古くから存在する。認定資格に対する企業の捉え方は時代によって変化してきた。前編「クラウド認定資格を取ればコンピュータサイエンス学位は不要なのか?」に続く本稿は、認定資格の取得方法の変化と、企業のニーズが高いスキルを説明する。

 「15〜20年前まで、企業は認定資格を持つことの価値を低く捉える傾向にあった。『コンピュータサイエンスの学位を取らずに、選択肢問題を解く学習に走っている』と見られていたからだ」と、IT技術者のための求人サイト「HackerRank」の創設者でCEOのビベク・ラビサンカー氏は語る。

学位重視から実務重視へ

 今では「コンピュータサイエンスの学位の有無を理由に、自社に必要なITスキルを持った人材を獲得しないということがあってはならない」と考える雇用主も珍しくなくなってきた。クラウドサービスに関するコンサルティングノウハウを共有する業界団体Multi-Cloud Leadership Allianceの創設メンバーであるアダム・クラニッツ氏は「認定資格がIT業界で、新しいスキルの指標として通用するようになっている」と考えている。

 認定資格の価値が上がったのは、取得条件として実際の業務や問題解決の経験を挙げる資格が増えたからだ。今やAmazon Web ServicesやMicrosoft、Googleなどの大手クラウドベンダーが認定資格を提供している。

 優秀なエンジニアの需要は供給を上回る傾向にある。ただし「エンジニアとして成功したいなら『学位さえあれば、好条件の技術職に就けるだろう』と考えるのではなく、クラウドサービスでのシステム開発経験を積み、企業が求める認定資格を取得しておくのが得策だ」とクラニッツ氏は語る。


 次回は、認定資格のメリットと注意点を詳しく掘り下げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...