2019年11月08日 05時00分 公開
特集/連載

事例:Home DepotのIT研修【前編】リフォーム大手が編み出した、IT人材不足解消の秘策「OrangeMethod」とは?

Home Depotは従業員のITレベルを引き上げるために、研修プログラム「OrangeMethod」を立ち上げた。この教育制度のユニークな点は、在籍中の従業員だけでなく新入社員でも初日から受講できることだ。

[David Needle,TechTarget]

関連キーワード

CIO | IT部門


画像 Home Depotの公式Webサイト《クリックで拡大》

 大手住宅リフォームチェーンのHome Depotは、IT担当者の採用条件を満たす適格な候補者が見つからず、候補者の人数も十分ではなかった。同チェーンは、適切な人材を採用するために幾つかの魅力的なアプローチを試みた。

 Home Depotは従来の方法を試し、外部の研修機関と連携して、社内オフィスで1週間のカリキュラムを実施した。その結果「スキルの一時的な向上は達成できたが、さらに前進するには継続的な学習が必要だった」と、同チェーンの技術応用開発およびエンタープライズアーキテクチャのディレクターであるアンソニー・グレゴリオ氏は述べる。

 ある程度の成功を収めたアプローチの一つは、集中的なIT研修プログラムを最近修了した人材を採用することだった。Home Depotが使用するソフトウェアの全てを網羅している(とグレゴリオ氏が考えている)、民間企業が実施したIT研修プログラムだ。

 そのIT研修プログラムの修了者が、必ずしも十分な資格のある候補者であるとは限らない。IT研修プログラムの講師は、プログラミング、データ分析、その他の関連スキルを教えることはできる。だがソフトウェアと技術を使用する方法を、必ずしもHome Depotが期待する方法で教えているわけではない。グレゴリオ氏によると、IT研修プログラムを社内に持ち込むアイデアを思い付いたのは、同チェーンのCIOであるマット・キャリー氏だったという。

 本稿はIT研修プログラムを手掛けるPluralsightの主催イベント「Pluralsight Live 2019」におけるHome Depotの講演内容を基に、同チェーンの事例を紹介する。

 Home Depotは、ユニークな目標と報告方法を持つIT研修プログラム「OrangeMethod」を作成した。OrangeMethodは、スキルを必要としている在籍の従業員と新規採用者の両方に、ITトレーニングを提供する。

「小規模の小売とは全く違う教育コース」を提供

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...