2019年03月11日 05時00分 公開
特集/連載

CIOなら意識しないと恥をかく「ポストデジタル時代」5つのトレンドAccentureの最新技術レポート(1/2 ページ)

最新の「Accenture Technology Vision」レポートはデジタル台帳(ブロックチェーン)、AI(人工知能)、拡張現実(AR)、量子コンピューティングを「CIO(最高情報責任者)にとって欠かせない新技術」と位置付けた。

[George Lawton,TechTarget]
画像 ポストデジタル時代の価値は「信頼」

 Accentureの技術トレンドに関する年次レポート「Accenture Technology Vision 2019」は、われわれがデジタルの後の時代、つまり「ポストデジタル時代」を迎えていると宣言している。

 2019年2月、米国サンフランシスコで行われたメディア向け説明会でAccentureの最高技術責任者(CTO)兼最高イノベーション責任者を務めるポール・ドーアティ氏は、「企業がポストデジタル時代の新しいトレンドに乗るためには、優れた技術スタックの構築と同じくらい信頼の構築が大きな要因となるだろう」と語った。

 「リーダーは信頼や責任といった人的価値が単なるバズワード(流行語)ではなく、成功の重要な原動力であることを認識しなければならない」(ドーアティ氏)

Accentureが特定した5大トレンド

 ポストデジタル時代に、企業が自らを差別化し、成功を収めるには、5つの大きなトレンドを踏まえる必要があるとAccentureは解説する。これらのトレンドは、大きくまとめると、AI(人工知能)のような難解な新技術の導入や、パーソナライズ(個別化)されたマーケティング、職場の自動化、セキュリティの強化、リアルタイムマーケティングだ。Accentureは、これらのトレンドを次のように命名している。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...