2019年02月06日 05時00分 公開
特集/連載

Schneider ElectricやBoxなどに直撃2019年に本気で取り組みたいITトピックは? 5人のCIOが新年の誓い

5人のCIOに、ITに関する2019年の誓いを紹介してもらった。野心は限りなく大きい。RPAやAIなど、センシティブなデータの処理やビジネスの拡張につながるプロジェクトが挙がっている。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

API | CIO | ITIL | Box | 経営


画像

 最高経営責任者(CEO)や役員会は最高情報責任者(CIO)に対し、ビジネス上の差異化を促進したり、支援したりする技術の提供を求めている。

 CIOが掲げた2019年の目標は多岐にわたる。本稿では5人のCIOに、それぞれの新年の誓いについて詳しく説明してもらった。この5人の目標は細部こそ異なるものの、ITリーダーがビジネスを全面的にバックアップするパートナーの役割を果たしていることがにじみ出ている。

エリザベス・ハッカソン氏(エネルギー管理・自動化のグローバル専門企業Schneider ElectricのCIO)

 RPA(ロボティックプロセスオートメーション)とAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を組み合わせることで、デジタル化が一層速いペースで進むと確信している。開発部門と運用部門が連携して進める「DevOps」やアジャイル開発といったシステム開発手法と、RPA/APIといった技術を組み合わせれば、デジタルサービスを迅速に顧客に届けることが可能になる。クラウドへの移行を進め、顧客と従業員にリアルタイムのデータを提供し、既存のシステムとデータへのアクセスを解き放とうとする中で、APIは中心的な手段となる。

 ほとんどの業界や企業にとって、デジタル技術の採用は不可欠だ。CIOはまずデジタル技術への理解を深め、ステークホルダーと連携して、最も適切な技術を活用しなければならない。

ジョエル・ジェイコブズ氏(政府機関委託の調査研究を手掛ける非営利組織MITREの副社長兼CIO)

 私が現在、最も力を注いでいるのは、われわれのビジネスに関するイメージの再形成だ。これまでわれわれは、長らくビジネスプロセスを見直してこなかった。変化を望まなかったからではなく、組織的な複雑さが原因だった。そこでわれわれはシンプル化を図り、プロセスのもつれをほどいて、われわれの環境から摩擦を取り除こうとし始めている。それは、一部の中核的なシステムの変更を意味する。

 センシティブなデータを扱える分析システムの構築には、多大なエネルギーを要する。こうしたシステムの意味は大きい。われわれの職員や研究員は、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術から一般的な分析ツールに至るまで、幅広いツールを必要とする。われわれのビジネスで扱うデータは多くの場合、慎重な取り扱いが求められる。こうしたデータの扱いに適した信頼できるシステムを持つことができれば、われわれにとって大きな力になる。

 これらの取り組みには、私の個人的な時間の大部分を費やすことになる。他にも対処すべき課題は山積しているが、こうした課題については私に代わって部長級に取り組んでもらえるように努めている。

ポール・チャプマン氏(法人向けファイル共有サービスベンダーBoxのCIO)

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

300を超える大手メディアから配信先を選定可能、マイクロアド子会社が新たな動画広告配信サービスを開始
マイクロアドの子会社であるエンハンスは、動画広告配信サービス「Enhance Locus」の提供...

news149.jpg

Tableau 2019.1が自然言語処理によるデータ分析機能を搭載
Tableau SoftwareはTableau最新バージョンとなる「Tableau 2019.1」をリリースした。主な...

news123.jpg

ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。