CIOなら意識しないと恥をかく「ポストデジタル時代」5つのトレンドAccentureの最新技術レポート(2/2 ページ)

2019年03月11日 05時00分 公開
[George LawtonTechTarget]
前のページへ 1|2       

ポストデジタル時代に重みを増す技術倫理

 ドーアティ氏は、われわれが住んでいる世界では、自動運転車から仮想現実まで、高度な技術による素晴らしいアプリケーションが、技術の善悪について問題を提起していると指摘した。

 技術の倫理についての懸念が高まっていることは「全ての企業はデジタル企業である」とAccentureが初めて断言した6年前との根本的な違いだ。当時Accentureは、従来の大企業の取締役会に「デジタル技術がビジネスの新しいやり方を生み出している」ことを納得させるのに苦労していた。時間とともに、このことは自明の理として受け入れられるようになった。

 ポストデジタル時代の1つの重要な側面は、技術がビジネスに与える影響だけでなく、従業員、ユーザー、コミュニティーに与える影響についてもリーダーが考えなければならなくなっていることだ。「ポストデジタル時代には、機会に責任が伴う」(ドーアティ氏)

 この「機会には責任が伴う」という命題は、企業がモバイルやIoT(モノのインターネット)などさまざまな技術を使って、魅力的な顧客エクスペリエンスを提供していく中で、これまで以上に重要になるだろう。顧客エクスペリエンスは、顧客サービスにおける新たなテーマだ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...