2017年12月20日 05時00分 公開
特集/連載

デジタル変革の意識高い従業員を育てる5つのトレンドコラボレーションを促す

デジタル変革は従業員の生産性やコラボレーションに影響を与える。2018年には5つの主要テクノロジートレンドが、デジタルを活用する従業員の進化を促す。

[Katherine Finnell,TechTarget]
従業員のコラボレーションを促すテクノロジートレンドとは?《クリックで拡大》

 企業がデジタル変革戦略を重視する流れの中で、従業員も進化している。つまり、テクノロジーへの新しいアプローチが、従業員の生産性やコラボレーションに影響を与えている。

 2018年には5つの主要テクノロジートレンドが、デジタルを活用する従業員の進化を促すと予想される。

1. 人工知能(AI)

 音声対応のバーチャルアシスタントが企業内で増加すると見込まれる。Amazonの「Alexa」など、一般消費者向けのAIテクノロジーを企業が業務用途で採用しているためだ。

 最近開催されたオンラインセミナーで「多くの企業がAIを検討している。デジタルを活用する従業員がバーチャルアシスタントを使ってメールに優先順位を付けたり、チャットbotを使って顧客サービスのプロセスを自動化したりすることが目的だ」と語ったのは、テクノロジーサービスプロバイダーのDimension Dataでエンドユーザーコンピューティング部門のディレクターを務めるアレックス・ベネット氏だ。

2. スマートワークプレース

 スマートワークプレースはスマートビルの延長線上にあり、従業員の活動を中軸に置いて設計される。ここでは、モノのインターネット(IoT)、AI、ビッグデータを使用して、従業員とビジネスプロセスが結び付けられる。

 「当社の顧客は、活動に基礎を置いた職場を導入し、従業員の業務に好影響を与えるオフィススペースのデザインを建築家に依頼している」(ベネット氏)

3. WebRTC

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...