プログラマーの仕事がついになくなる? 2020年を占う「10大テクノロジートレンド」Forresterが注目(1/2 ページ)

人工知能(AI)テクノロジーの進化が、ITやビジネスを劇的に変える可能性がある。将来の2020年に向けて注目すべきテクノロジートレンドを見ていこう。

2017年12月12日 09時00分 公開
[Mekhala RoyTechTarget]

関連キーワード

CIO | 技術解説


画像 Forresterが発表したテクノロジートレンドを紹介

 最高情報責任者(CIO)よ、計画を捨てよ。

 「2020年、人間の仕事内容は今とは全く違うものになっているだろう」――。こう述べるのは、調査会社Forrester Researchでアナリストを務めるブライアン・ホプキンス氏だ。同社はIT部門の責任者に影響する、主要なテクノロジートレンドに関する最新レポートを公開した。TechTargetは、レポートの共著者であるホプキンス氏に話を聞いた。

表 Forresterが発表したテクノロジートレンド
進行速度 トレンド
ゆっくりと進行中 ・分散型信用評価システムが中央管理機関に肉薄
・インサイト(洞察)駆動型企業がライバルを超越
進行中 ・ソフトウェアが自ら学習
・自動化したセキュリティインテリジェンスと侵害対策がセキュリティ/リスク管理の負担を解消
・文脈的プライバシー(Contextual Privacy)がブランド価値向上を加速
・IoT(モノのインターネット)がエッジコンピューティング(IoTデバイス付近でのデータ処理)へシフト
加速中 ・パブリッククラウドがビジネス革新を加速
・従業員エクスペリエンス(経験価値)がアプリケーションを再定義
・デジタル従業員(ロボットなど)がホワイトカラー労働力化
・カスタマーエクスペリエンスが没入型へ変化

 テクノロジートレンドの一覧に挙がった「ソフトウェアが自ら学習」というトレンドにより、企業がここ数年で大量に作成した3カ年計画や5カ年計画は「時代遅れになるし、実際にそうなってきている可能性がある」とホプキンス氏は指摘する。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...