2021年04月30日 17時30分 公開
特集/連載

徳島県がNTTドコモの「5G」「クラウド」で遠隔医療システム構築 その目的は?医療ITニュースフラッシュ

徳島県が5Gサービスとクラウドサービスで県立病院向け遠隔医療システムを構築した事例や「オンライン資格確認」の導入に役立つ新サービスなど、医療ITに関する主要なニュースを取り上げる。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 医療機関は2021年3月にプレ運用が開始した「オンライン資格確認」や、2024年4月に医療従事者に適用される時間外労働上限規制への対処を迫られている。こうした医療機関の課題解決を支援する新製品・新サービスの登場や、徳島県の複数の県立病院における遠隔医療システムの導入事例など、医療ITの主要なニュースを紹介する。

福井大学医学部附属病院、電子カルテシステムを「IBM Cloud」に移行

 同院は2021年4月、医療システムの中核として運用する電子カルテシステムを、オンプレミスのインフラからIBMのクラウドサービス群「IBM Cloud」に移行させた。人工知能(AI)技術やIoT(モノのインターネット)などの最新技術を迅速に取り入れたり、必要な時に必要な分だけリソースを調達できたりするクラウドサービスのメリットを生かす。インフラの構成には、システムの特性に合わせてオンプレミスインフラとクラウドサービスを使い分けるハイブリッドクラウドを採用し、既存のオンプレミスインフラでは放射線画像データといった高解像度かつ大容量のデータを利用するシステムを稼働させる。(発表:福井大学医学部附属病院、日本IBM<2021年3月2日>)

徳島県が5Gとクラウドで遠隔医療を実現 病院間の高速データ伝送を可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を...

news053.jpg

リアル行動ビッグデータを活用したイベント集客特化型デジタル広告 博展とunerryが提供
国内最大級のリアル行動データにより、精度の高いターゲティングを実現するデジタル広告。

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...