2021年04月30日 17時30分 公開
特集/連載

徳島県がNTTドコモの「5G」「クラウド」で遠隔医療システム構築 その目的は?医療ITニュースフラッシュ

徳島県が5Gサービスとクラウドサービスで県立病院向け遠隔医療システムを構築した事例や「オンライン資格確認」の導入に役立つ新サービスなど、医療ITに関する主要なニュースを取り上げる。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 医療機関は2021年3月にプレ運用が開始した「オンライン資格確認」や、2024年4月に医療従事者に適用される時間外労働上限規制への対処を迫られている。こうした医療機関の課題解決を支援する新製品・新サービスの登場や、徳島県の複数の県立病院における遠隔医療システムの導入事例など、医療ITの主要なニュースを紹介する。

福井大学医学部附属病院、電子カルテシステムを「IBM Cloud」に移行

 同院は2021年4月、医療システムの中核として運用する電子カルテシステムを、オンプレミスのインフラからIBMのクラウドサービス群「IBM Cloud」に移行させた。人工知能(AI)技術やIoT(モノのインターネット)などの最新技術を迅速に取り入れたり、必要な時に必要な分だけリソースを調達できたりするクラウドサービスのメリットを生かす。インフラの構成には、システムの特性に合わせてオンプレミスインフラとクラウドサービスを使い分けるハイブリッドクラウドを採用し、既存のオンプレミスインフラでは放射線画像データといった高解像度かつ大容量のデータを利用するシステムを稼働させる。(発表:福井大学医学部附属病院、日本IBM<2021年3月2日>)

徳島県が5Gとクラウドで遠隔医療を実現 病院間の高速データ伝送を可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...