2021年07月16日 05時00分 公開
特集/連載

ランサムウェアから復旧したはずの食肉業者が、身代金1100万ドルを支払った理由TechTarget発 世界のITニュース

食肉加工のJBS USAは、ランサムウェア攻撃からシステムを復旧させたと述べた数日後に、巨額の身代金を支払ったことを公表した。なぜ身代金を支払う必要があったのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 食肉加工会社のJBS USAは、バックアップ活用と素早い対処でランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃から回復したと発表してから約1週間後、1100万ドルの身代金を支払ったことを明らかにした。

 JBS USAはブラジルの食肉加工会社JBSの子会社だ。同社は2021年5月30日(現地時間、以下同じ)にランサムウェア「REvil」に襲われてシステムが使えなくなり、業務停止を余儀なくされた。その後6月3日に、迅速な対処やバックアップの暗号化をはじめとした堅牢(けんろう)なシステムが奏功し、ランサムウェア攻撃から「復旧した」と同社は発表した。

判断に迷ったCEOが支払いを決断した事情

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...