2021年07月16日 05時00分 公開
特集/連載

ランサムウェアから復旧したはずの食肉業者が、身代金1100万ドルを支払った理由TechTarget発 世界のITニュース

食肉加工のJBS USAは、ランサムウェア攻撃からシステムを復旧させたと述べた数日後に、巨額の身代金を支払ったことを公表した。なぜ身代金を支払う必要があったのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 食肉加工会社のJBS USAは、バックアップ活用と素早い対処でランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃から回復したと発表してから約1週間後、1100万ドルの身代金を支払ったことを明らかにした。

 JBS USAはブラジルの食肉加工会社JBSの子会社だ。同社は2021年5月30日(現地時間、以下同じ)にランサムウェア「REvil」に襲われてシステムが使えなくなり、業務停止を余儀なくされた。その後6月3日に、迅速な対処やバックアップの暗号化をはじめとした堅牢(けんろう)なシステムが奏功し、ランサムウェア攻撃から「復旧した」と同社は発表した。

判断に迷ったCEOが支払いを決断した事情

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...