2021年08月06日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「Kubernetes」と「Rancher」の違いとは?コンテナ運用管理を簡略化するツール

コンテナ運用管理の主要ツールである「Kubernetes」と「Rancher」はどのような違いがあり、どのような関係にあるのか。開発者が知っておくべき基礎知識と、2つのツールの連携方法を解説する。

[Bob Reselman,TechTarget]

関連キーワード

クラスタ | 仮想環境


 クラウドサービスでの運用を前提にした「クラウドネイティブ」なアプリケーション開発を始めたばかりの開発者にとって、「Kubernetes」と「Rancher」の違いは分かりにくいだろう。Kubernetesは、コンテナの運用管理を自動化するコンテナオーケストレーションツールで、コンテナを実行するマシンの集合(クラスタ)を管理する。Kubernetesで構築、管理するクラスタ(Kubernetesクラスタ)を管理するツールがRancherだ。KubernetesとRancherは競合するものではなく補完関係にある。2つの違いを詳しく見ていこう。

いまさら聞けない「Kubernetes」とは何か

 Googleが「Borg」プロジェクトとして開発したコンテナオーケストレーションツールが、Kubernetesの前身だ。同社は、オープンソースソフトウェア管理団体Cloud Native Computing FoundationにKubernetesの権利を譲渡した。それ以降、Kubernetesは同団体が管理、運用している。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...