2021年08月09日 05時00分 公開
特集/連載

家具EC企業がコロナ禍で売り上げを倍増させた「CX」戦略とは?米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【後編】

都市封鎖で自宅のリフォームが人気を集めた。これを商機として捉えたのが、家具・日用品のEコマース事業を展開するOverstock.comだ。売り上げの大幅な増加をもたらした同社の取り組みとは。

[Don Fluckinger,TechTarget]

関連キーワード

顧客満足


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に伴う都市封鎖の間、人気を集めたのが自宅の居住空間の改造だ。Neiman MarcusやJ. C. Penney Company(JCPenneyの名称で事業展開、現Penney OpCo)といった老舗の小売業者が経営破綻したのとは対照的に、家具・日用品のEコマース事業を展開するOverstock.comは売り上げを2倍以上増やし、大きく躍進した。この傾向は2021年も続いており、ビジネス界全体に影響を及ぼしたサプライチェーンの混乱がなかったら、売り上げはさらに増加していたと考えられる。

「CXで売り上げ倍増」の裏側

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...