2021年08月26日 05時00分 公開
特集/連載

企業が「脱クラウド」「オンプレ回帰」に踏み切る理由特選プレミアムコンテンツガイド

クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」。あるワイン醸造所が脱クラウドに踏み切った理由と、オンプレミス回帰に必要なハードウェア選びのポイントを説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 いったんクラウドサービスに移行させたシステムを、再びオンプレミスのインフラに戻す――。こうした「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を検討する動きが、米国企業を中心に広がり始めている。クラウドサービスの利用拡大で予想外に膨れ上がったコストの低減、データ処理の遅延解消などが目的だ。

 オンプレミスのインフラにシステムを戻したからといって、こうした問題が常に解決するとは限らない。移行先のハードウェアや技術の選定が適切ではないと、コストをあまり低減できなかったり、遅延を十分に解消できなかったりする恐れがある。

 TechTargetジャパンの人気記事をまとめた本稿は、脱クラウドを決断したワイン醸造所の事例と、脱クラウドを成功させるためのハードウェアの選定方法について説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...