企業が「脱クラウド」「オンプレ回帰」に踏み切る理由特選プレミアムコンテンツガイド

クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」。あるワイン醸造所が脱クラウドに踏み切った理由と、オンプレミス回帰に必要なハードウェア選びのポイントを説明する。

2021年08月26日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 いったんクラウドサービスに移行させたシステムを、再びオンプレミスのインフラに戻す――。こうした「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を検討する動きが、米国企業を中心に広がり始めている。クラウドサービスの利用拡大で予想外に膨れ上がったコストの低減、データ処理の遅延解消などが目的だ。

 オンプレミスのインフラにシステムを戻したからといって、こうした問題が常に解決するとは限らない。移行先のハードウェアや技術の選定が適切ではないと、コストをあまり低減できなかったり、遅延を十分に解消できなかったりする恐れがある。

 TechTargetジャパンの人気記事をまとめた本稿は、脱クラウドを決断したワイン醸造所の事例と、脱クラウドを成功させるためのハードウェアの選定方法について説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...