2021年09月14日 05時00分 公開
特集/連載

「SASE」がハイブリッドワーク推進企業にこそ必要な理由ハイブリッドワークの整え方【中編】

ハイブリッドワークの普及によって、従業員がオフィス内外で働くようになった現在、従来のセキュリティアーキテクチャでは保護の抜け漏れが生じる可能性がある。そうした課題の解決策となり得る「SASE」とは何か。

[Andrew Froehlich,TechTarget]

関連キーワード

VMware | セキュリティ対策 | 在宅勤務


 テレワークとオフィスワークを組み合わせた業務形態「ハイブリッドワーク」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下で普及した。その理由は前編「在宅とオフィスの併用勤務『ハイブリッドワーク』で“脱VPN”が広がる理由」の解説通りだ。

 VMwareで製品マーケティングおよびパートナーシップ担当シニアディレクターを努めるエイブ・アンクマ氏は、「ハイブリッドワークに適した業務環境を整えるには、新たなセキュリティアーキテクチャ戦略が必要だ」と考えている。将来的にハイブリッドワークを定着させる必要がある企業は、既存のネットワークおよびセキュリティシステムの変更を迫られる可能性がある。

「SASE」がハイブリッドワークに適する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。