2022年01月06日 05時00分 公開
特集/連載

「Power Apps」の意外な“落とし穴” ライセンスや価格で気を付けたいことは?「Microsoft Power Apps」利用時の10大注意点【中編】

「Microsoft Power Apps」を導入する際には、幾つかの検討事項を事前に確認しておく必要がある。主な注意点をまとめた。

[Jonathan Bordoli,TechTarget]

 ノーコード/ローコード(ソースコードの記述なし、または最小限のソースコード記述のみ)の開発ツール群「Microsoft Power Apps」を使用する際は、以下に挙げる事項に注意する必要がある。

注意事項1.ライセンスに応じた使用制限

 Power Appsで開発したアプリケーションは、ライセンスを取得した組織内でのみ利用可能だ。組織外であっても、ID・アクセス管理システム「Active Directory」のアカウントおよびPower Appsライセンスを持っているゲストユーザーにはコンテンツを共有できる。Webサイト作成ツール「Power Appsポータル」で構築したWebサイトも、ゲストユーザーにアクセスを許可する。

注意事項2.ライセンスモデル

 複数のプランがPower Appsのライセンスにはあり、人によっては分かりにくいところがある。サブスクリプション式オフィススイート「Microsoft 365」(Office 365)のライセンスに含まれるPower Appsでは、一部のコネクターしか利用できない。

注意事項3.料金

 Power Appsの料金プランには、Power Appsを利用するアプリケーションまたはエンドユーザーの数に基づいた「サブスクリプションプラン」と、アプリケーションやエンドユーザーの数に応じて月ごとに料金が変動する「従量課金プラン」がある。

 サブスクリプションプランを採用する場合、Power Appsにアクセスするエンドユーザーの数を想定して、料金が総額でどれくらいになるのかを確認するとよい。2021年12月時点で、アプリケーションごとに料金がかかるプランは、アプリケーション1つにつきエンドユーザー1人当たり月額5ドルで、年間だと60ドルになる。アプリケーション数無制限の場合はエンドユーザー1人当たり月額20ドルだ。

 Power AppsポータルにはPower Appsと別のライセンス体系があり、Power Appsポータルで作成したWebサイトのアクセス数に応じて料金が変動する。認証済みの社外ユーザーからのログイン数100件につき月額200ドル、認証されていない社外ユーザーからのWebページビュー数10万件につき月額100ドルだ。

注意事項4.ノーコード/ローコード開発

 企業はPower Appsを使うと、ノーコード/ローコード開発によってシンプルなフォームを短時間で作成できる。ただしコードベース(アプリケーションの基になるソースコード)やアプリケーションの変更履歴は限られた範囲でしか管理できないため、複雑なビジネスロジックを扱うフォームの作成には適さない可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...