人材難のコンタクトセンターでエージェントを300%増やした物流企業の秘策顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【後編】

オペレーターなどのエージェント不足に悩むコンタクトセンター。物流を手掛けるDHL Supply ChainはUCaaS「Avaya OneCloud」を導入し、エージェントの定着や確保につなげている。同社の取り組みの中身とは。

2022年03月21日 12時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 郵便・物流企業Deutsche Postの物流請負部門DHL Supply Chainは、コミュニケーションベンダーAvayaのUCaaS(Unified Communications as a Service)「Avaya OneCloud」を導入したことで、オペレーターをはじめとするコンタクトセンターのエージェントの定着率を伸ばしている。UCaaSは、クラウドサービス形式のユニファイドコミュニケーション(UC)システムだ。

 DHL Supply Chainは、IT企業や公的機関向けにコンタクトセンターサービスを提供している。同社によると、パンデミックにより、迅速でコスト効率の高いコンタクトセンターサービスに対する顧客の需要が高まった。

人材難でもコンタクトセンターのエージェント300%増加を実現した“あの手段”

 「カスタマーエクスペリエンス(CX:顧客経験価値)の質が高いサービスに対する需要が、パンデミックの期間に急増した」と、DHL Supply Chainシンガポールクラスタの最高経営責任者(CEO)、ジェローム・ジレット氏は語る。ジレット氏によると、2019年から2021年にかけて、同社のコンタクトセンターにおけるエージェントの数は300%増加。この期間に同社はAvaya OneCloudを導入した。

 コンタクトセンター業界にとって、エージェントの定着率は継続的な課題となっている。人工知能(AI)技術を採用したUCaaSを導入してコンタクトセンターを支援することで、「当社のコンタクトセンターのエージェント定着率は大きく上昇した」とジレット氏は付け加える。

 Avaya OneCloudのセキュリティと拡張性を生かすことで「当社のコンタクトセンターサービスを他の市場にも展開することができる」とジレット氏は話す。同氏によるとDHL Supply Chainは近い将来、コンタクトセンターサービスの提供エリアを日本、韓国、オーストラリア、マレーシア、フィリピンへと拡大させる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...