災害時、本当に役に立つ「バックアップ」の取り方とは特選プレミアムコンテンツガイド

技術進化やIT環境の変化に合わせて、災害復旧(DR)計画も更新する必要がある。予算を増やさずに、より効果的な計画を立てるポイントと、バックアップとスナップショットを組み合わせたデータ保護の方法を説明する。

2023年03月13日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 災害復旧(DR)に利用できる技術や手法は進化し続けており、DRの負荷も軽減されつつある。保護すべきデータが増加し、クラウドが普及するなど、職場のIT環境も確実に変化している。こうした状況にもかかわらず、旧来のDR計画をそのままにしている企業は少なくない。

 本資料は、企業が限られたDR予算の中で、より効果的な計画を立てるために押さえておきたいポイントを解説。災害時に復旧しやすい、バックアップとスナップショットを組み合わせたデータ保護の方法を説明する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

記事ごとに読む

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。