2016年03月29日 15時00分 UPDATE
特集/連載

規模、求めるパフォーマンス、管理方法によりけり「Oracle Database」をAWSで動かすならどっち派? 「Amazon EC2」と「Amazon RDS」を比べた

Oracle DatabaseをAWSで実行する際に、「Amazon EC2」と「Amazon RDS」のどちらを選択して移行すべきなのか。気になるライセンス、それぞれのメリット/デメリットをまとめた。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
Amazon RDSのWebサイト《クリックで拡大》

 Amazon Web Services(Amazon)が提供する「Amazon Web Services」(AWS)には、Oracleの「Oracle Database」を実行する複数のアプローチが用意されている。Oracle Databaseの実行に「Amazon RDS」と「Amazon EC2」のそれぞれを使用するメリット/デメリットは何だろうか。

 パブリッククラウドがローカルデータセンターに代わる有効な選択肢という認識の高まりを受けて、Oracleはクラウドで業務アプリケーションの実行をサポートしている。だが、クラウドで複雑なアプリケーションを実行することは、経験豊富なITスタッフにとっても難しい場合がある。AWSのアプリケーションは定期的なテストとパフォーマンスの監視が必要になる。これは、Oracle Databaseのようなミッションクリティカルなワークロードの操作性と可用性を確実に維持するために必須の作業だ

 Oracle Databaseは、適切なAmazon EC2インスタンス内またはAmazon RDS経由で実行できる。Oracle DatabaseをAmazon EC2とAmazon RDSで実行することは、どちらも可能な選択肢で、他に例を見ないメリットをもたらす。

 一般的に、Oracle DatabaseをAmazon EC2にインストールするより、Amazon RDSで設定、管理、維持する方が企業にとっては簡単だろう。Amazon RDSは高い拡張性を備え、ユーザーはコンピューティングのニーズに応じてサービスをスケールアップ/ダウンできる。ただし、ライセンスはAmazon RDS経由で時間単位の料金として処理されるため、この用途専用の長期ライセンスはない。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...

news015.jpg

THECOO、「iCON Suite」にインフルエンサーとフォロワー双方の興味関心データを提供
THECOOは、インフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」において「インフルエン...