2016年06月29日 15時00分 UPDATE
特集/連載

注目される統合エンドポイント管理PCやスマートフォンだけではない、増え続ける端末の管理に悲鳴を上げるIT担当者

企業が利用するデバイスが多様化する中、統合エンドポイント管理(UEM)の必要性が高まっている。現在、BlackBerryやCitrix Systemsなど、さまざまなベンダーがUEMツールを提供している。

[Eric Klein,TechTarget]
AirWatch VMwareの「AirWatch」《クリックで拡大》

 企業がモバイルアプリケーションへの依存を高めている昨今、市場からの圧力が高まり、統合エンドポイント管理(UEM)への投資は今後ますます重要性を増すことになりそうだ。

 企業におけるエンドポイントの数と多様性は増加の一途をたどっている。さらに、IT部門は今や、個人所有と会社所有どちらのデバイスも管理しなければならない。こうなると、エンドポイントのハードウェアおよびソフトウェアの管理を自動化して統制し、簡略化できるツールを実装するのが論理的に思える。ただし、現状では大半のUEMツールはまだ十分な水準には達していない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...