2016年07月04日 15時00分 UPDATE
特集/連載

大事なのは一点豪華ではなくバランスSSDのボトルネック問題をあえてHDDで解決する (1/2)

オールフラッシュストレージはSSDを組み込んで高性能を発揮するが、システム全体でみるとボトルネックが発生しやすい。この問題を解決するために、あえてHDDを組み込んだハイブリッドストレージを採用した事例がある。

[Sonia Lelii,TechTarget]
今やSSD万能時代で「HDDは消え去るのみ」という意見が大勢だが、あえてHDDを採用したハイブリッドシステムで性能の改善を図った

 Meitav Dash Investments(以下、Meitav)は、ハイブリッドアレイを使用して、ストレージ性能に影響を及ぼしていたボトルネックを解消した。これは、ちょうどオールフラッシュアレイがデータセンターに積極的に参入しているときだった。

 Meitavは、幾つかのビルで実行しているミッションクリティカルなアプリケーションのパフォーマンスを改善するために、Infinidatのストレージアレイ「InfiniBox」を導入することにした。

InfiniBoxは、アレイの遅延時間を軽減するために最大86TBという大容量のフラッシュキャッシュを組み込んでいる。企業向けのハイパースケールなワークロードに対応することを目的に設計したInfinidatは、フラッシュキャッシュの先にデータストレージとしてSSDではなくHDDを使用している。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。