2015年06月16日 08時00分 公開
特集/連載

徹底比較:SSDオンリー vs. SSDとHDDの混在――性能測定の意外な結果は?ストレージアレイに最適なのはどっち?(1/2 ページ)

オールフラッシュアレイとハイブリッドフラッシュストレージアレイについてパフォーマンス要素という観点から、適切な量のフラッシュストレージの導入について解説する。

[Eric Slack,TechTarget]
photo 年々低価格化、大容量化が進むSSD(TechTargetジャパン記事「世界初2TバイトのSSDが登場、アナリストの評価は?」より)

 ソリッドステートストレージアレイの導入を検討している企業の大多数は、その理由にパフォーマンス要素を挙げている。ソリッドステートストレージアレイには他にも長所があるが、ほとんどの企業はより速いストレージをとにかく必要としているのが実情だ。

 一般的なフラッシュストレージのユースケースとしては、高密度の仮想サーバインフラ、仮想デスクトップインフラ(VDI)、トランザクションの多いデータベース、Web向けのアプリケーションなどが挙げられる。アプリケーションサーバにフラッシュストレージを直接配置するのではなく、共有ストレージが必要な場合に考えられる選択肢は「オールフラッシュアレイ」と「ハイブリッドアレイ」の2つだ。

 本稿では、オールフラッシュアレイとハイブリッドアレイの両方を取り上げ、既存の環境に最適なソリッドストレージアレイを判断する方法について解説したい。

オールフラッシュアレイの利点とは?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。