2017年10月31日 05時00分 公開
特集/連載

ビッグデータ分析にクラウドを活用するポイント【前編】OSSやクラウド(AWS、GCP)を使ったビッグデータ分析、基本的な流れをつかもう

クラウドベンダー各社は、データ分析に特化したクラウドサービス提供に注力している。こうしたクラウドサービスやOSSツールを活用したビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。

[重森 大,著]
ビッグデータ分析のデータパイプライン ビッグデータ分析のデータパイプライン《クリックで拡大》

 2017年10月に都内で開催されたデータ活用関連イベント「Data Platform Conference 2017」において、ホートンワークスジャパンを始めとした3社が、クラウドを活用したビッグデータ分析について語った。「エキスパートに聞く! クラウドで実現するビッグデータ活用」と題したこのセッションでは、データの収集から分析、活用までの考え方に始まり、各社のサービスを使った具体的な手法について聞くことができた。前編では、ビッグデータ分析にオープンソースソフトウェア(OSS)を使う場合や、「Amazon Web Services」(AWS)、「Google Cloud Platform」(GCP)といったクラウドサービスを使う場合にフォーカスし、ツールやビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。

OSS、クラウドを使ったビッグデータ分析の方法

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...