2017年10月31日 05時00分 公開
特集/連載

ビッグデータ分析にクラウドを活用するポイント【前編】OSSやクラウド(AWS、GCP)を使ったビッグデータ分析、基本的な流れをつかもう

クラウドベンダー各社は、データ分析に特化したクラウドサービス提供に注力している。こうしたクラウドサービスやOSSツールを活用したビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。

[重森 大,著]
ビッグデータ分析のデータパイプライン ビッグデータ分析のデータパイプライン《クリックで拡大》

 2017年10月に都内で開催されたデータ活用関連イベント「Data Platform Conference 2017」において、ホートンワークスジャパンを始めとした3社が、クラウドを活用したビッグデータ分析について語った。「エキスパートに聞く! クラウドで実現するビッグデータ活用」と題したこのセッションでは、データの収集から分析、活用までの考え方に始まり、各社のサービスを使った具体的な手法について聞くことができた。前編では、ビッグデータ分析にオープンソースソフトウェア(OSS)を使う場合や、「Amazon Web Services」(AWS)、「Google Cloud Platform」(GCP)といったクラウドサービスを使う場合にフォーカスし、ツールやビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。

OSS、クラウドを使ったビッグデータ分析の方法

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

企業の枠を超えてユーザー企業やパートナー企業がつながることの価値――ボストンで「INBOUND」を体験して
本連載では3回にわたり、HubSpotのカルチャーやインバウンドマーケティングの考えなどに...

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...