金融×セキュリティ

世界中の企業がサイバー攻撃の脅威にさらされている。特に、信用情報を数多く扱う金融機関は格好の標的になり得る。昨今の高度化された攻撃手口は、従来通りのセキュリティ対策だけでは防護が難しいとされる。金融機関では今、どのような対策が必要なのか。本テーマサイトで紹介する。

TopStory

市場は変わるがニーズは普遍的

セキュリティ分析ツールを使うことで、クライアントPCやモバイルデバイス、サーバなど多くのデバイスのセキュリティ状況が分かる。本稿では、セキュリティ分析ツールを選ぶためのポイントを紹介する。

(2015年8月9日)

最新記事

重要なアップデートでより堅牢に

「Windows Server 2016」には、認証オプション、アカウント制限、Web対策などに関係するアップデートが含まれる。

(2015年8月4日)
「標的型攻撃対策」の現実解【第1回】

大規模な情報流出を招いた日本年金機構の標的型攻撃。その被害は決して対岸の火事ではない。事件を機に、標的型攻撃の脅威や対策をあらためて考えていく。

(2015年7月31日)
「サンドボックス」にまつわる疑問を解く【第1回】

「アンチウイルスソフトは死んだ」「2014年はセキュリティ対策の“敗北の年”」――。こうした発言の真意を読み解くと、従来のセキュリティ対策の課題と新たに求められる対策の姿が見えてくる。

(2015年7月29日)
気になるツイート……サイバー攻撃の可能性は?

ニューヨーク証券取引所で先頃発生したシステム障害は、ゲートウェイのソフトウェアを更新した際の設定の不備が原因と発表された。これは自動化によって防げることだ。

(2015年7月21日)

注目ホワイトペーパー

イクシアコミュニケーションズ株式会社

今やDDoS攻撃への備えを持たない企業はないだろう。だが、多くの企業は実際に攻撃を受けるまで自社の脆弱性の範囲やその是正策を理解していない。金融業など強固なセキュリティを求められる企業は、あらかじめ“練習”して、自社の対策が脅威に有効かどうかを確認しておきたい。

株式会社セゾン情報システムズ

金融・保険業界の顧客を多く持つアグレックスでは、業務プロセスアウトソーシング事業の円滑かつ安全な運用のためにデータ転送ツールを活用している。顧客の個人情報を強固に守る、同社のデータ転送ツールの活用法を見ていこう。

シンガポールテレコム・ジャパン株式会社

住友重機械工業がSingTelで実現した中国域内100拠点以上のシステムとネットワーク統合の全貌

株式会社シーイーシー

スマートデバイスのセキュリティ問題が大きく取り沙汰されている今日、そのビジネス利用には周到な準備が必要だ。ましてや、社員が個人所有する端末を業務でも利用するBYODではなおさらのこと。シーイーシー(以下、CEC)が提供する「cloudappbase」は、まさにこうした課題を解決するために開発された製品だ。

アークサイト株式会社

今日、企業を取り巻く脅威やリスクは、複雑化・増大化の一途をたどっている。多くの企業は、ITの脆弱性やシステム不備を補うべく、脅威が現れるたびにセキュリティツールを導入しているが、対症療法を繰り返すだけでは、増え続ける脅威に組織が疲弊してしまう。

株式会社セキュアブレイン

PhishWallは、WebサーバにアップされたPhishWallサーバと顧客のPCにインストールされているPhishWallクライアントとの間で認証情報をやり取りすることで、真正なWebサイトを認証する。導入には専用サーバは不要。既存のWebサーバに認証ファイルを置くだけで稼働が可能。