2020年04月01日 05時00分 公開
特集/連載

FinTech企業が「GraphQL」を使って「マイクロサービス」を実現した理由「GraphQL」大規模導入で得た教訓【前編】

クエリ言語の「GraphQL」を活用し、旧来のモノリシック構造のアプリケーションを改修したCredit Karma。GraphQLを選んだ理由と、その活用場面を同社幹部に聞く。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

関連キーワード

API | アプリケーション開発 | データ


 2007年の設立以来、FinTech(金融とITの誘導)企業のCredit Karmaは、さまざまな変革を遂げてきた。個人向け財務サービスを手掛ける同社の成長を後押しする技術の一つが、クエリ(データ操作)言語「GraphQL」だ。同社が提供するサービスの応答時間を短縮し、サービスの質を向上させるために活用している。同社のトラフィックの50%程度がGraphQLを介したデータのやりとりで発生しているという。

 Credit Karmaは2017年にGraphQLを本番環境に導入して以来、その利用を広げている。2016年に入社したエンジニアリング担当副社長のニック・ナンス氏は、同社でGraphQL活用に取り組む主要なアーキテクトだ。

 ナンス氏がCredit Karmaに入社して最初に担当した仕事の一つは、同社が利用している技術を見直す作業を手伝うことだった。「当社は当時、急激に成長し始めていた。それを支えるために、われわれはエンジニアリングチームを急ピッチで拡充し、スケーリング(規模の拡大)可能なアーキテクチャの構築する必要があった」(同氏)

GraphQLで「マイクロサービス」を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...