2020年04月01日 05時00分 公開
特集/連載

FinTech企業が「GraphQL」を使って「マイクロサービス」を実現した理由「GraphQL」大規模導入で得た教訓【前編】

クエリ言語の「GraphQL」を活用し、旧来のモノリシック構造のアプリケーションを改修したCredit Karma。GraphQLを選んだ理由と、その活用場面を同社幹部に聞く。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

関連キーワード

API | アプリケーション開発 | データ


 2007年の設立以来、FinTech(金融とITの誘導)企業のCredit Karmaは、さまざまな変革を遂げてきた。個人向け財務サービスを手掛ける同社の成長を後押しする技術の一つが、クエリ(データ操作)言語「GraphQL」だ。同社が提供するサービスの応答時間を短縮し、サービスの質を向上させるために活用している。同社のトラフィックの50%程度がGraphQLを介したデータのやりとりで発生しているという。

 Credit Karmaは2017年にGraphQLを本番環境に導入して以来、その利用を広げている。2016年に入社したエンジニアリング担当副社長のニック・ナンス氏は、同社でGraphQL活用に取り組む主要なアーキテクトだ。

 ナンス氏がCredit Karmaに入社して最初に担当した仕事の一つは、同社が利用している技術を見直す作業を手伝うことだった。「当社は当時、急激に成長し始めていた。それを支えるために、われわれはエンジニアリングチームを急ピッチで拡充し、スケーリング(規模の拡大)可能なアーキテクチャの構築する必要があった」(同氏)

GraphQLで「マイクロサービス」を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...