TechTargetジャパン

レポート
「Chromebook」を使ってみて分かった本当の使い勝手
米国では300ドル前後で販売されている格安PC「Chromebook」。形状はWindows搭載のノートPCと同様だが、できることは大きく異なる。Webブラウザ専用端末ともいえるChromebookで作業をするには、「Google Apps」などのWebアプリケーションを利用することになる。一般的なノ...(2014/9/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Windows 10 Sが「学校用デバイスといえばChromebook」という“常識”を覆す?
 教育機関向けライセンスの提供に加え、学生のプログラミングや教員のIT活用に関するコンテストを開催するなど、古くから教育市場に関与してきたMicrosoft。そんな同社が、教育機関向け製品として新たに投入したのが「Windows 10 S」だ。 同社のOS「Windows 10」の簡略...(2017/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

Loading