TechTargetジャパン

技術文書
GlassFishコミュニティ/GlassFishアプリケーションサーバの概要
 サン・マイクロシステムズは、2005年のJavaOneで、SunのアプリケーションサーバとJava EEリファレンス実装をオープンソース化するためのProject GlassFishを発表。これは、すべてのJava プラットフォームをオープンソース化する最初のステップであったが、Java EE 5の普...(2007/12/27 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
小学館のCGMはなぜ成功したのか? 育児Q&Aコミュニティーが支持されるわけ
 小学館の幼児学習雑誌のWebサイト「小学館 おやこページ DAKKO」では、雑誌の最新号の情報や、育児中のお母さんに役立つ情報を提供している。同サイト運営の一番の目的は雑誌の宣伝だが、サイトのコンテンツがそれだけでは集客に限界があるし、読者の囲い込みにはつなが...(2013/7/1 提供:株式会社オウケイウェイヴ)

プレミアムコンテンツ
ロボット開発に学ぶ、モノづくりへのOSS活用
  オープンソースソフトウェア(OSS)の活用は、ITやWebの領域のみならず、ロボットなどハードウェアの開発においても重要なトピックといえます。ロボット開発でメジャーなフレームワーク「ROS」(Robot Operating System)はOSSですし、日本においても「HACKberry」や...(2016/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ソーシャルコラボレーションから生まれる、ボッシュやダイムラーの業務革新
 現在のような顧客中心の時代には、個別ニーズを敏感に捉えたものづくりができなくてはビジネスの継続は困難である。多様化するビジネスニーズに対応するため、人同士が気軽につながり知を共有し、1人1人の顧客に、より大きな価値を提供する仕組みに注目が集まる。 ボッ...(2016/3/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「OpenStack」の複雑さを解消、クラウド構築を迅速化する統合プラットフォーム
 多くの企業におけるクラウド戦略で重要な位置を占めている「OpenStack」。しかし、OpenStackの導入は容易ではなく、クラウド固有の社内スキルと経験が必須になり、サポートやサービスを複数のベンダーやオープンソースコミュニティーに合せて調整する作業が必要になると...(2017/6/2 提供:インテル株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
JAXA、電気通信大学が語る高速コンピューティングの課題と解決策、そして未来
 コンピュータ単体の処理能力の向上が鈍化している一方で、研究領域だけではなくビジネス領域においてもスパコンやサーバといったITインフラに求められる処理能力は高度化を続けている。そして、複数台の汎用CPU搭載コンピュータを用いた並列処理であっても、要求される...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
世界中のサイバー犯罪と戦うために、英知を集結した「脅威インテリジェンスクラウド」
 今日では、どの組織もサイバー犯罪と無縁ではいられない。サイバー犯罪者は全世界で活動を活発化させ、新たな手法を駆使して従来のセキュリティ対策を回避している。しかし、検出に特化した従来のソリューションでは、ネットワークの特定のセクションにおける1つの脅威...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ
 とどまるところを知らないモバイルトラフィック、俊敏性に優れた環境における高度なサービス提供、費用対効果に優れたソリューションの研究など、市場の要求の高まりを受け、通信サービスプロバイダーではネットワーク機能仮想化(NFV)が注目されている。 しかし、セ...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2015/12/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」
 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
ノンコーディングアプリ開発をさらに高速に――導入前に確認したい支援サービス
 工数を削減しつつ、信頼性の高いアプリケーションを作成できるノンコーディング開発ツール。その魅力は活用の幅の広さにある。ツールのメリットをさらに引き出すためには、支援ツールやベンダーのサポートも有効に活用したい。 例えば、ベンダーが提供する支援ツールを...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
半導体企業はデータ活用でもっと強くなれる!! 〜戦略コンサルの論考をヒントに〜
 普段、仕事に役立てている(社外の)情報源は、どのようなものがあるでしょうか? ニュースや解説記事、専門家のブログに加え、Google検索や書店、セミナーなど、実にいろいろな情報源があると思います。また、設計開発や製品企画などの業務を確実に遂行するためには...(2016/8/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
どう使う? スマートデバイスによるコラボレーション環境の活用法
 企業のシステムにおいて、クラウドとモバイルを組み合わせることにより、店頭・作業現場・外出先や移動中などの場面では、新しいタイプのコラボレーションが可能となる。 これまではデスクで行っていた連絡・報告や、完成した資料の共有が中心だったコラボレーションが...(2015/8/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略 (EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は?
 Facebook、Google、Microsoftなどとの激しい競争によって、通信サービスプロバイダー(CoSP)は値下げ圧力にさらされている。場所や時間を問わないテレフォニーやメッセージングのサービスを従来の料金に比べてはるかに低い価格で提供しなければならない。また、コスト...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

レポート
企業利用が期待される「OpenStack」、大躍進の陰に残る課題
 オープンソースのクラウドプラットフォーム「OpenStack」が登場して数年がたつ。OpenStackはその間、インフラを大きく進化させている。そのかいあって、OpenStackは非常に注目を集める存在となった。現にOpenStack FoundationはWalmartやPayPalといった少数の大企業に働...(2016/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワークスタイル変革を成功に導く3つの活用シーンとは?
 顧客との対面時間を最大化するため、先進的な企業では組織階層にとらわれない目的志向型のチーム編成や、モバイルを活用した業務推進の追求、スペース削減とペーパーレスなど幅広い分野での業務改善が進んでいる。このようなワークスタイル変革の取り組みにおいて、特に...(2015/10/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/5/23 提供:日本電気株式会社)

事例
「ものづくりの未来」を設計する企業たち〜Autodesk 9つのユーザー事例〜
  製造業は、生産性向上や技術革新、プロセス革新等の分野を常に追求することによって、競合優位性を維持してきた。しかし、近年はこのような従来の成功要因が急激に変化している。そこには、これまでにない「破壊的な」変化が起きているとオートデスクでは考えている。(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

事例
受付システム刷新で働き方改革を促進、コワーキングスペースにおける実践事例
 働き方改革の推進により、シェアオフィスやコワーキングという選択肢が注目され始めた。社屋やデスクなどを設けずに、いろいろな場所や環境でデスクワークを可能とするオフィスソリューションも充実してきている。しかし、複数の企業が共通の受付を利用するため、来訪者...(2017/6/20 提供:株式会社BALANCE&UNIQUE)

製品資料
医療向けESB・SOA「医療サービスバス」接続性だけでなく高い相互運用性を確保
 多くの医療機関はESB(エンタープライズサービスバス)製品と、それによるSOA(サービス指向アーキテクチャ)導入に注目している。理由は既存のアプリケーションと医師のワークフローに情報を提供して、より良い医療連携を行うこと、各組織のデータを簡単に取得して利用...(2016/2/22 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

事例
社員16万人の「知」を共有するコミュニケーション基盤の作り方
 仕事が暗礁に乗り上げた。同じような経験をした人から解決につながるアドバイスがほしいが、誰に聞けばいいのか分からない──。こうした悩みを解決するには、組織に散在する「知」を簡単に見つけ出せる仕組みが必要だが、その構築は一筋縄ではいかない。 全世界にグル...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

Loading