TechTargetジャパン

技術文書
GlassFishコミュニティ/GlassFishアプリケーションサーバの概要
 サン・マイクロシステムズは、2005年のJavaOneで、SunのアプリケーションサーバとJava EEリファレンス実装をオープンソース化するためのProject GlassFishを発表。これは、すべてのJava プラットフォームをオープンソース化する最初のステップであったが、Java EE 5の普...(2007/12/27 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
小学館のCGMはなぜ成功したのか? 育児Q&Aコミュニティーが支持されるわけ
 小学館の幼児学習雑誌のWebサイト「小学館 おやこページ DAKKO」では、雑誌の最新号の情報や、育児中のお母さんに役立つ情報を提供している。同サイト運営の一番の目的は雑誌の宣伝だが、サイトのコンテンツがそれだけでは集客に限界があるし、読者の囲い込みにはつなが...(2013/7/1 提供:株式会社オウケイウェイヴ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ソーシャルコラボレーションから生まれる、ボッシュやダイムラーの業務革新
 現在のような顧客中心の時代には、個別ニーズを敏感に捉えたものづくりができなくてはビジネスの継続は困難である。多様化するビジネスニーズに対応するため、人同士が気軽につながり知を共有し、1人1人の顧客に、より大きな価値を提供する仕組みに注目が集まる。 ボッ...(2016/3/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2016/2/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
どう使う? スマートデバイスによるコラボレーション環境の活用法
 企業のシステムにおいて、クラウドとモバイルを組み合わせることにより、店頭・作業現場・外出先や移動中などの場面では、新しいタイプのコラボレーションが可能となる。 これまではデスクで行っていた連絡・報告や、完成した資料の共有が中心だったコラボレーションが...(2015/8/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略 (EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
世界中のサイバー犯罪と戦うために、英知を集結した「脅威インテリジェンスクラウド」
 今日では、どの組織もサイバー犯罪と無縁ではいられない。サイバー犯罪者は全世界で活動を活発化させ、新たな手法を駆使して従来のセキュリティ対策を回避している。しかし、検出に特化した従来のソリューションでは、ネットワークの特定のセクションにおける1つの脅威...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

製品資料
ワークスタイル変革を成功に導く3つの活用シーンとは?
 顧客との対面時間を最大化するため、先進的な企業では組織階層にとらわれない目的志向型のチーム編成や、モバイルを活用した業務推進の追求、スペース削減とペーパーレスなど幅広い分野での業務改善が進んでいる。このようなワークスタイル変革の取り組みにおいて、特に...(2015/10/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
医療向けESB・SOA「医療サービスバス」接続性だけでなく高い相互運用性を確保
 多くの医療機関はESB(エンタープライズサービスバス)製品と、それによるSOA(サービス指向アーキテクチャ)導入に注目している。理由は既存のアプリケーションと医師のワークフローに情報を提供して、より良い医療連携を行うこと、各組織のデータを簡単に取得して利用...(2016/2/22 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月6日号:第4世代フラッシュストレージの衝撃
 Computer Weekly日本語版 7月6日号は、以下の記事で構成されています。■Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方■ビッグデータ分析を有益なセキュリティツールにするちょい足しレシピ■もう管理しきれない……と言わせないパッチ管理の5つの...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
攻撃の75%は24時間以内に犠牲者が発生、『2015年度データ漏洩/侵害調査報告書』
 CSIRTは、情報漏えいやセキュリティインシデントが発生した場合に連携して最小限に被害を食い止め、インシデントを未然に防ぐ活動を行う組織体制の総称だ。最近、外部の専門機関と連携して国内外で一貫したCSIRT体制を構築するグローバル企業も増えている。 多くの業種...(2015/7/21 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

製品資料
ファイル共有・活用が進まない悩みを解決、組織を超えたファイル活用術
 ファイル共有を行う際の課題として、以下のような課題をよく聞く。ファイルサーバが個人ファイルの置場となり、情報共有がされない。モバイルを導入したが、セキュリティの問題で外出先でのファイル利用ができない。ユーザーが勝手にファイル共有するためセキュリティ上...(2016/3/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ソースコードをどう評価する? ソースコード品質管理の現実解
 コーディング作業のアウトソースが当たり前となった今、第三者の書いたコードをどのように評価すればよいのだろうか。また、既存のソースコード資産の再利用やオープンソースコードを組み込んだ開発ではソースコードの品質はどのように担保すればよいのだろう。 コード...(2014/6/20 提供:コベリティジャパン株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
うまくいく企業のソーシャルメディア活用は、一体何が違う?
 「Facebook」や「Twitter」「YouTube」といったソーシャルメディアは、私たちの生活に大きな変化をもたらした。それは企業も同様だ。事業活動を伝えたり、製品やサービスの新しい発想を生み出すための意見を消費者から得るときに、企業がソーシャルメディアを活用する動...(2015/7/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ソーシャルビジネスで真の成果を生み出す方法
 今日、企業の経営陣の多くが、ソーシャルビジネスは大きな価値を生み出す絶好の機会になると理解している。だが、実際に大きな利益を上げている企業はその中の数%に過ぎない。そうした企業は、自社のビジネスにFacebookなどの一般的なSNSだけでなく、独自のソーシャル...(2014/7/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
注目のOpenStack導入、「間違ったアプローチ」はなぜ危険か
 eBayは、「OpenStack」を利用してプライベートクラウドを自社開発し、コスト削減やセルフサービスの柔軟性など多くのメリットを享受した。ただし、メリットを得るには条件があった――。 本コンテンツでは、注目を集めるOpenStackにフォーカス。eBayをはじめ、6万5000...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
標的型攻撃の迂回ルートをなくす――連携型セキュリティで防御を強化
 標的型攻撃はますます高度化し、複数の手法を組み合わせた集中的な攻撃が行われるようになった。そのため、さまざまなセキュリティ製品を組み合わせた多層的な防御を行う企業が増えているが、既に攻撃者は製品間の連携が取れていないことに注目し始めている。 例えば...(2016/6/3 提供:Intel Security)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

事例
世界初の両眼シースルーHMDはこうして生まれた!
 MONOistセミナー「大手とベンチャーが語る『開発スピードが生み出すオンリーワン製品』」(会期:2016年6月3日)に登壇したセイコーエプソン。 競争力のある製品をいかに早く市場投入すべきか――。同社のスピード感ある開発スタイル、その取り組みが講演「新規事業製...(2016/7/11 提供:KDDI株式会社)

Loading