TechTargetジャパン

技術文書
GlassFishコミュニティ/GlassFishアプリケーションサーバの概要
 サン・マイクロシステムズは、2005年のJavaOneで、SunのアプリケーションサーバとJava EEリファレンス実装をオープンソース化するためのProject GlassFishを発表。これは、すべてのJava プラットフォームをオープンソース化する最初のステップであったが、Java EE 5の普...(2007/12/27 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
小学館のCGMはなぜ成功したのか? 育児Q&Aコミュニティーが支持されるわけ
 小学館の幼児学習雑誌のWebサイト「小学館 おやこページ DAKKO」では、雑誌の最新号の情報や、育児中のお母さんに役立つ情報を提供している。同サイト運営の一番の目的は雑誌の宣伝だが、サイトのコンテンツがそれだけでは集客に限界があるし、読者の囲い込みにはつなが...(2013/7/1 提供:株式会社オウケイウェイヴ)

事例
ソーシャルコラボレーションから生まれる、ボッシュやダイムラーの業務革新
 現在のような顧客中心の時代には、個別ニーズを敏感に捉えたものづくりができなくてはビジネスの継続は困難である。多様化するビジネスニーズに対応するため、人同士が気軽につながり知を共有し、1人1人の顧客に、より大きな価値を提供する仕組みに注目が集まる。 ボッ...(2016/3/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2015/12/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
どう使う? スマートデバイスによるコラボレーション環境の活用法
 企業のシステムにおいて、クラウドとモバイルを組み合わせることにより、店頭・作業現場・外出先や移動中などの場面では、新しいタイプのコラボレーションが可能となる。 これまではデスクで行っていた連絡・報告や、完成した資料の共有が中心だったコラボレーションが...(2015/8/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
世界中のサイバー犯罪と戦うために、英知を集結した「脅威インテリジェンスクラウド」
 今日では、どの組織もサイバー犯罪と無縁ではいられない。サイバー犯罪者は全世界で活動を活発化させ、新たな手法を駆使して従来のセキュリティ対策を回避している。しかし、検出に特化した従来のソリューションでは、ネットワークの特定のセクションにおける1つの脅威...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

製品資料
ワークスタイル変革を成功に導く3つの活用シーンとは?
 顧客との対面時間を最大化するため、先進的な企業では組織階層にとらわれない目的志向型のチーム編成や、モバイルを活用した業務推進の追求、スペース削減とペーパーレスなど幅広い分野での業務改善が進んでいる。このようなワークスタイル変革の取り組みにおいて、特に...(2015/10/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
医療向けESB・SOA「医療サービスバス」接続性だけでなく高い相互運用性を確保
 多くの医療機関はESB(エンタープライズサービスバス)製品と、それによるSOA(サービス指向アーキテクチャ)導入に注目している。理由は既存のアプリケーションと医師のワークフローに情報を提供して、より良い医療連携を行うこと、各組織のデータを簡単に取得して利用...(2016/2/22 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

レポート
攻撃の75%は24時間以内に犠牲者が発生、『2015年度データ漏洩/侵害調査報告書』
 CSIRTは、情報漏えいやセキュリティインシデントが発生した場合に連携して最小限に被害を食い止め、インシデントを未然に防ぐ活動を行う組織体制の総称だ。最近、外部の専門機関と連携して国内外で一貫したCSIRT体制を構築するグローバル企業も増えている。 多くの業種...(2015/7/21 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

製品資料
ファイル共有・活用が進まない悩みを解決、組織を超えたファイル活用術
 ファイル共有を行う際の課題として、以下のような課題をよく聞く。ファイルサーバが個人ファイルの置場となり、情報共有がされない。モバイルを導入したが、セキュリティの問題で外出先でのファイル利用ができない。ユーザーが勝手にファイル共有するためセキュリティ上...(2016/3/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ソースコードをどう評価する? ソースコード品質管理の現実解
 コーディング作業のアウトソースが当たり前となった今、第三者の書いたコードをどのように評価すればよいのだろうか。また、既存のソースコード資産の再利用やオープンソースコードを組み込んだ開発ではソースコードの品質はどのように担保すればよいのだろう。 コード...(2014/6/20 提供:コベリティジャパン株式会社)

レポート
うまくいく企業のソーシャルメディア活用は、一体何が違う?
 「Facebook」や「Twitter」「YouTube」といったソーシャルメディアは、私たちの生活に大きな変化をもたらした。それは企業も同様だ。事業活動を伝えたり、製品やサービスの新しい発想を生み出すための意見を消費者から得るときに、企業がソーシャルメディアを活用する動...(2015/7/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ソーシャルビジネスで真の成果を生み出す方法
 今日、企業の経営陣の多くが、ソーシャルビジネスは大きな価値を生み出す絶好の機会になると理解している。だが、実際に大きな利益を上げている企業はその中の数%に過ぎない。そうした企業は、自社のビジネスにFacebookなどの一般的なSNSだけでなく、独自のソーシャル...(2014/7/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
100万ドルのコスト削減例も生んだFOSS、リスクを抑える賢い運用管理方法
 システム関連コストを低減するため、国内企業でもフリー&オープンソースソフトウェア(FOSS)が積極的に利用されるようになった。先行している米国では、FOSSを用いたマルチソース開発でプロジェクト当たり50万〜100万ドルという非常に大きなコスト削減効果が表れてい...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

技術文書
注目のOpenStack導入、「間違ったアプローチ」はなぜ危険か
 eBayは、「OpenStack」を利用してプライベートクラウドを自社開発し、コスト削減やセルフサービスの柔軟性など多くのメリットを享受した。ただし、メリットを得るには条件があった――。 本コンテンツでは、注目を集めるOpenStackにフォーカス。eBayをはじめ、6万5000...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
サイバーエージェント、ヤフー、楽天に学ぶ、OpenStack使いこなし術
 クラウド事業者やデータセンター事業者に限らず、ユーザー企業の間でも注目されている「OpenStack」。最大の魅力は、自社所有のオンプレミス環境を、あたかもパブリッククラウドのように自動化し、統合管理できることにあるだろう。 しかしながら、OpenStackは進化のス...(2016/5/13 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
電子回路が苦手な人のためのフィジカルコンピューティング「Scratch 2.0」入門
 連載企画「Scratch 2.0で学ぶ! お手軽フィジカルコンピューティング」全132ページを無料公開! 初心者向けプログラム開発環境「Scratch 2.0」を使って、電子回路があまり得意でない方にも“フィジカルコンピューティング”の楽しさを気軽に体験してもらうことを目的に...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ITはコストセンター? クラウド利用の成熟度と事業成長の関係とは
 「ITはコストセンターであり、組織に対する経済的負担は最小限に抑えるべき」と考えられてきた。だが、世界784人のITエグゼクティブやビジネスエグゼクティブに対する調査では、クラウド成熟度診断で高いスコアを示した企業ではスコアの低い企業よりも、クラウド使用の...(2015/11/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
システム構築は自動化の時代へ──クラウド環境は「変化すること前提」で構築を
 これまでのシステム構築と運用管理は、個々の専門家による構築とコンポーネントごとの個別運用が主流だった。そのため数カ月単位の構築期間や人的ミスの混入、作業負荷の高い管理と運用といった課題が山積みだ。 しかし、より厳しくITの投資対効果が評価される時代に...(2015/10/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
東芝がクラウド基盤作りでこだわったSLA、選ばれた「PaaSを作る開発ツール」とは
 国内有数の複合メーカーである東芝は、これまで4つに分かれていた事業体を5つの分野に再編し、「スマートコミュニティ」の実現に向けた本格的な取り組みを開始した。その多岐にわたる事業領域を横断的に支えるICT基盤としてクラウド基盤の構築を進めている。 そのため...(2014/3/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
組み込み機器開発とは何か?
 組み込み機器開発の初心者を対象に、「組み込み機器とは何か」という定義の説明からスタートし、Blu-ray Discレコーダーを例にした開発の流れ、組み込みソフトウェア/ハードウェア開発、そして組み込みOSの概略までを広く紹介する。 本ブックレットは、これから組み込...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
身代金を狙うランサムウェア、ダークウェブから襲いくる匿名犯罪者、その手口と防御策とは
 『IBM X-Forceレポート 2015年第3四半期』によると、ランサムウェアによる攻撃は進化しており、1つで1800米ドルの利益を上げるようなランサムウェアも出ているという。Ransomware as a Serviceという機能が出現し始め、より多くの攻撃者がランサムウェアを入手しやすい...(2015/9/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading