TechTargetジャパン

製品資料
WAN最適化に不可欠な「統合型アプローチ」の正体
 昨今、仮想化技術を活用してITインフラを統合する動きが盛んに進められている。これまで各拠点に配置していたサーバはデータセンターに集約され、クラウドサービスやモバイルツールの活用もデータセンター経由で行われる。ITインフラの統合はコスト削減などのメリットも...(2015/2/5 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
“WANだと遅くなる”を解消する秘訣と製品選定のポイントとは
 クラウドやモバイルといった技術の利用が一般的になるにつれて、インターネット経由で社内外のITリソースや離れた場所にあるデータセンターにアクセスすることが当たり前となった。それにより、WAN回線のトラフィックは増加の一途をたどっている。 そんな中、多くの企...(2015/5/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
クラウドサービスの遅延対策──WAN高速化がもたらす10のメリット
 「Microsoft Office 365」や「Salesforce CRM」などのクラウドサービスは、サービスやアプリケーションが(多くの場合はパブリックインターネットを経由して)世界中のユーザーに配信されると、ネットワークの遅延や帯域幅の制限による制約を受ける可能性がある。エンド...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
WAN高速化だけではない、新しい「WANテクノロジー」が持つ信頼性、コスト効果、最適化
 「SD-WAN(Software Defined WAN)」は、単なるWAN高速化ソリューションではない。セキュリティ面と安定性の懸念から企業が拠点間通信などにあまり利用してこなかったインターネット回線を高速回線と組み合わせ、最適なネットワーク環境を実現できるメリットがある。コ...(2016/2/12 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
Office 365を最大33倍高速化 最新WAN高速化テクノロジーの実力
 現在、多くの企業がアプリケーションやデータ転送のパフォーマンスを高める手段を探している。プライベートクラウドインフラを構築する、またはマイクロソフトの「Office 365」やセールスフォース・ドットコムなどのSaaSプロバイダーを利用する場合でも、ネットワークの...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
今さら聞けない「SDNとSD-WANの違い」──SD-WAN最適化のために知っておくべきこと
 急速に発展を遂げるソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の適用先はデータセンターからWAN(Wide Area Network)へと移行し始めている。その中でも注目されているのが、従来のWANよりも高度な複雑さを解消できるソフトウェア定義WAN(SD-WAN)だ。 SD-WANはハイブ...(2016/12/6 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
WAN高速化だけでは解消できないレイテンシ問題、IoT時代に向けて必要となる技術とは
 レイテンシとは、出発地点からリクエストが発信され、目的地へ到達するまでにかかる時間を指す。データセンターとエンドユーザーまでの距離が遠いほどレイテンシは長くなり、これが一般的に通信遅延の原因となる。企業にとって、世界中でERP、CRM、SCMといったアプリケ...(2015/8/31 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

製品資料
ハイブリッドクラウドを生かすSD-WAN選びのポイント
 SD-WANはソフトウェアによってハイブリッドなネットワーク環境を効率的に運用する技術だ。現在の企業ネットワークは、商用インターネット回線やMPLS(Multi Protocol Label Switching)などを利用した信頼性の高い回線の混成状態になっている。SD-WANはハイブリッドなネ...(2016/9/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
ネットワーク環境に関するアンケート(2017年8月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「ネットワーク環境に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/11/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
オンプレミス・クラウド・ハイブリッド、多様化するネットワーク利用時のWAN高速化ポイント
 リモート拠点と本社拠点の拠点間通信の高速化ニーズが高まっている。リモート拠点から本社の業務アプリケーションを利用し、情報リソースの統合によるIT運用コストの削減、あるいはリモート拠点のディザスタリカバリの観点からもWAN回線の高速化は大きなテーマだ。 企...(2015/5/18 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ?
 ビジネスアプリケーションのクラウド利用が拡大するとともに、オンプレミスとクラウドの境界を意識させないビジネス基盤へのニーズが高まっている。安全かつ快適にアプリケーションを利用できるという理想像を目指すには、パフォーマンスや拡張性、柔軟性などさまざまな...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
 テクノロジーの急速な変化に伴い、企業は仮想化技術や最新ソリューションを導入してきた。それに伴ってサーバやストレージが強化された一方で、ITインフラが複雑化してしまうケースも珍しくない。コストを削減しながら効率的に運用できるITインフラを目指す企業にとって...(2017/9/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は?
 現代の企業におけるITインフラはハイブリッド環境に移行しており、68%の企業が物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバを組み合わせて活用しているという。中小規模の企業やSOHOにおいても、仮想インフラはもはや当たり前の存在となっている。 ハイブリッドなITインフ...(2017/10/27 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

その他
システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣
 バックアップ作業はノウハウが属人化しやすいこともあり、人的エラーがしばしば発生する。そこで、バックアップの確実性と安全性を高めるために求められるのが、運用の自動化だ。加えて、増分バックアップによる全データのバックアップや、リストア後における復旧作業の...(2017/10/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
ネットワーク担当者の“働き方改革”のために必要な策とは?
 「ソフトウェア定義WAN」(SD-WAN)や「モノのインターネット」(IoT)など、ネットワーク分野を取り巻く技術が矢継ぎ早に登場している。ネットワーク担当者にとって、こうした新たな技術に精通して自社への採用を進めたり、その検討をしたりすることが重要な役割である...(2017/9/29 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
ハイブリッドなネットワーク環境を支える3つのキーワード
 IT部門の管理者にとって、いま大きな課題となっているのがネットワークの適切な運用だ。企業が活用するネットワークは、MPLS(Multi Protocol Label Switching)リンク、インターネット、VPNなど多様な接続方法や通信経路が利用可能になり、ハイブリッド化している。こ...(2016/12/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
Office 365のファイル保存時間はたった2秒、家電メーカーに聞くアプリ高速化の秘密
 米国ウィスコンシン州に本拠地を置く高級家電製品メーカーのSub-Zero Group。同社のIT環境は、関連流通業者6社がそれぞれ独自環境を配備していた。こうした状況を改善し、ローカルアプリケーションのパフォーマンスに慣れているエンドユーザーにWAN上でも同様のパフォー...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

比較資料
ハイパーコンバージド徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?
 10年以上にわたり、データセンターの変革は、フレキシブルでコスト効果の高いインフラ構築を可能とする仮想化技術を中心に進んできた。しかし、そのメリットを真に活用するためには、コンバージドインフラの進化形であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場を待...(2017/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
クラウド中心で実践するデジタルトランスフォーメーション、成功のための4条件
 「デジタルトランスフォーメーション」という言葉が大きく注目され始めている。これからの企業がデジタル革新を成功させるには、各部門やシステムがシームレスに連携することが必要であり、そのためにもクラウドサービスの活用が大きなテーマになるだろう。 その実現に...(2017/8/24 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
SDNとの違いは? SD-WANでネットワークやクラウドを管理すべき5つの理由
 仮想化技術の中でも特に注目されているソフトウェア定義ネットワーク(SDN)。SDNは、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)へと進化を遂げ、適用先をデータセンターからWANへと移行しつつあるという。SDNとSD-WANは非常によく似ているが、SD-WANは、SDNと比較してより高度な複...(2017/8/23 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

講演資料
IT部門の理想像は「社内サービスプロバイダー」、柔軟な仮想マシンの提供が鍵に
 アプリケーションの急増とハイブリッドIT需要の高まりによって、IT部門の提供能力が追い付かないケースが生まれ始めている。仮想マシンがサイロ化して低効率・高コストな環境が生まれたり、ユーザーの需要にITが対応できなかったりすれば、逆にITがビジネスの足を引っ張...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
拠点間通信を最適化、「SD-WAN」導入で得られる4つのメリット
 仮想化技術やクラウドの普及により、企業ネットワークのトラフィックは激増している。アプリケーションは遅延しやすくなり、ネットワークの信頼性と品質がより重要になった。しかし、従来リモートオフィスなどとの接続に使われてきたMPLSネットワークはクラウド環境に求...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

比較資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――話題のNutanixを支える技術の全て
 市場が急拡大するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多様な技術・機能の集合体であることから、どの部分に注目すれば、より高いパフォーマンスを引き出せるのか見極めづらい面もある。そこで、主要製品のアーキテクチャや管理ツールなどを解説する。 まず注目した...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
Office 365で実測:WAN最適化でファイルダウンロード時間はどれだけ短縮できる?
 「Microsoft Office 365」などのクラウドサービスは多くの企業で導入されているが、いついかなるときでも安定したパフォーマンスを確保できている企業はそれほど多くはない。ファイルのダウンロードやアップロードなどのレスポンスに不満を感じながらでは、せっかくのク...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
なぜネットワークは遅延するのか? 確認すべき5つのポイント
 ネットワークパフォーマンス管理で重要になるのは、アプリケーションごとの利用状況の可視化が十分にできるかどうかである。どのアプリケーションが、どこで、誰に使われ、どのネットワークが、どの程度利用されているかといった、全体的な傾向を把握できなければ、パフ...(2016/12/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
うまくいくAWS移行──AWSで起動中のアプリを100倍加速する方法とは
 クラウド管理サービスを提供するRightScaleの調査によると、57%の企業が既にワークロードの一部を「Amazon Web Services(AWS)」に移行している一方で、68%の企業では、クラウドで起動しているアプリケーションポートフォリオの割合は依然として5分の1未満にとどまる...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
帯域幅を変えずにグループウェアの応答速度を40倍にした物流企業の高速化対策
 遠隔地にある拠点ネットワークを、LAN接続で利用しているかのように運用できるIP-VPNだが、拠点や利用者が増えてくると従来の回線帯域幅のままでは、アプリケーションの活用に支障を来たすことがある。帯域幅の拡大には数千万円のコストが掛かるのが通例で、安易に選択...(2015/2/5 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2016/11/8 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

Loading