TechTargetジャパン

製品資料
WAN最適化に不可欠な「統合型アプローチ」の正体
 昨今、仮想化技術を活用してITインフラを統合する動きが盛んに進められている。これまで各拠点に配置していたサーバはデータセンターに集約され、クラウドサービスやモバイルツールの活用もデータセンター経由で行われる。ITインフラの統合はコスト削減などのメリットも...(2015/2/5 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
“WANだと遅くなる”を解消する秘訣と製品選定のポイントとは
 クラウドやモバイルといった技術の利用が一般的になるにつれて、インターネット経由で社内外のITリソースや離れた場所にあるデータセンターにアクセスすることが当たり前となった。それにより、WAN回線のトラフィックは増加の一途をたどっている。 そんな中、多くの企...(2015/5/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
クラウドサービスの遅延対策──WAN高速化がもたらす10のメリット
 「Microsoft Office 365」や「Salesforce CRM」などのクラウドサービスは、サービスやアプリケーションが(多くの場合はパブリックインターネットを経由して)世界中のユーザーに配信されると、ネットワークの遅延や帯域幅の制限による制約を受ける可能性がある。エンド...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
WAN高速化だけではない、新しい「WANテクノロジー」が持つ信頼性、コスト効果、最適化
 「SD-WAN(Software Defined WAN)」は、単なるWAN高速化ソリューションではない。セキュリティ面と安定性の懸念から企業が拠点間通信などにあまり利用してこなかったインターネット回線を高速回線と組み合わせ、最適なネットワーク環境を実現できるメリットがある。コ...(2016/2/12 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
Office 365を最大33倍高速化 最新WAN高速化テクノロジーの実力
 現在、多くの企業がアプリケーションやデータ転送のパフォーマンスを高める手段を探している。プライベートクラウドインフラを構築する、またはマイクロソフトの「Office 365」やセールスフォース・ドットコムなどのSaaSプロバイダーを利用する場合でも、ネットワークの...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
WAN高速化だけでは解消できないレイテンシ問題、IoT時代に向けて必要となる技術とは
 レイテンシとは、出発地点からリクエストが発信され、目的地へ到達するまでにかかる時間を指す。データセンターとエンドユーザーまでの距離が遠いほどレイテンシは長くなり、これが一般的に通信遅延の原因となる。企業にとって、世界中でERP、CRM、SCMといったアプリケ...(2015/8/31 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

製品資料
オンプレミス・クラウド・ハイブリッド、多様化するネットワーク利用時のWAN高速化ポイント
 リモート拠点と本社拠点の拠点間通信の高速化ニーズが高まっている。リモート拠点から本社の業務アプリケーションを利用し、情報リソースの統合によるIT運用コストの削減、あるいはリモート拠点のディザスタリカバリの観点からもWAN回線の高速化は大きなテーマだ。 企...(2015/5/18 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
Office 365で実測:WAN最適化でファイルダウンロード時間はどれだけ短縮できる?
 「Microsoft Office 365」などのクラウドサービスは多くの企業で導入されているが、いついかなるときでも安定したパフォーマンスを確保できている企業はそれほど多くはない。ファイルのダウンロードやアップロードなどのレスポンスに不満を感じながらでは、せっかくのク...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
帯域幅を変えずにグループウェアの応答速度を40倍にした物流企業の高速化対策
 遠隔地にある拠点ネットワークを、LAN接続で利用しているかのように運用できるIP-VPNだが、拠点や利用者が増えてくると従来の回線帯域幅のままでは、アプリケーションの活用に支障を来たすことがある。帯域幅の拡大には数千万円のコストが掛かるのが通例で、安易に選択...(2015/2/5 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
パブリックとプライベートのクラウド混在でも、ネットワークの安全と効率とコストを確保する
 WANのコストは、常に企業のネットワーク関連予算を圧迫している。また利用できる帯域も圧迫され、アプリケーションパフォーマンス低下の懸念が収束することはない。この状況に対し、「SD-WAN」(ソフトウェア定義ワイドエリアネットワーク)によるネットワーク利用の最...(2016/2/4 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
データアクセス時間を短縮せよ 実機検証結果で選んだWAN高速化製品の実力
 オンラインショッピングサービス「hibiyakadan.com」をはじめ、全国約180店舗のフラワーショップを展開するなどフラワー業界のリーディングカンパニーとして知られる日比谷花壇。同社では全国の拠点に設置していたファイルサーバをデータセンターに移設したが、業務の拡...(2014/1/10 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月25日号:ビジネス化するランサムウェア
 Computer Weekly日本語版 5月25日号は、以下の記事で構成されています。■ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道■「Windowsの操作に最も便利なPowerShell」製ランサムウェアの脅威■1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解...(2016/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
取引先への大容量ファイル転送や拠点間のデータ同期、ファイル転送の悩みを解決
 あらゆるデータが大容量化する中、長引くファイル転送時間が業務停滞やコスト増大の原因となりつつある。拠点や取引先との大容量ファイル転送、ドライバやファームウェアの配布、災害対策といったシーンで、転送時間の短縮、ネットワークの信頼性向上などの課題解決が急...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
「広域ネットワーク運用、本当に困ったこと」金融・保険など先行企業200人の答え
 日本国内の市場縮小や海外企業に対するM&Aの増加が背景となり、今後はグローバル化や企業再編がさらに進むだろう。そして情報システム部門においては、海外リソースとのネットワーク接続や統合プロジェクトが増えるとみられる。また、ネットワーク基盤の広域化に伴う運...(2016/3/23 提供:ネットスカウトシステムズジャパン株式会社)

レポート
IoT時代のニーズを満たす、ネットワークを戦略的資産へと転換する「ハイブリッドWAN」とは?
 「ハイブリッドWAN」とは、スイッチング、ワイヤレスLAN、WAN最適化、セキュリティ、ネットワーク解析、音声など、さまざまなネットワークサービスを統合して運用管理するもので、サービス統合型ルータ(ISR)を活用して展開する。 従来のWANネットワークは、サービス...(2015/3/25 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
スクウェア・エニックスのゲーム開発に「WAN最適化ソリューション」が欠かせないわけ
 「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」をはじめ、世界的に人気を博しているゲームコンテンツを数多く手掛けるスクウェア・エニックス。同社は世界中のユーザーにコンテンツを提供するため、海外にローカライズ開発拠点を複数設けており、日本国内の開発拠点...(2013/8/20 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
ざっくり分かる「ハイパーコンバージド」の仕組みと主要製品
 「コンバージド(垂直統合型)インフラ」と「ハイパーコンバージドインフラ」。両者には違う点も多いが共通要素もある。 コンバージドインフラは、サーバやストレージ、ネットワーク、サーバ仮想化というデータセンターの主要な4つのコンポーネントを1つの筺体にまとめ...(2015/12/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
仮想環境にはディスクベースでテープバックアップの効率化を
 信頼性とコスト面のメリットに着目し、テープによるデータ保護を実施している企業は多い。しかし、多くのテープバックアップ製品はアプリケーションホストサーバ上でバックアップエージェントを実行するため、高い負荷がかかるのが課題となっている。仮想環境のパフォー...(2015/9/30 提供:ファルコンストア・ジャパン株式会社)

技術文書
VDIを快適に IT統合の障壁となる「WANの課題」を解決するには?
 コストの削減やリスクの軽減を求めて、「IT資産をデータセンターに集約し、統合的にコントロールしたい」というニーズが増えている。実際、仮想化技術の発展により、サーバやアプリケーションをデータセンターにまとめる動きが活発になっているが、ITを完全にセンターへ...(2014/1/10 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
クラウドサービス事業「5つの課題」とハイパーコンバージドシステム
 クラウド事業者にとってインフラ環境整備がユーザーの要求スピードについていけず、コスト負担の増大に耐え切れなくなる事態は何としてでも避けなければならない。そのための課題は、5つに大別できる。「サービス開通までのリードタイム」「パフォーマンスの可視化」「...(2015/10/5 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
Office 365のデリバリ高速化──「クラウドの遅延」はどうすれば解決できるか?
 従量課金制の料金体系や、必要に応じてキャパシティーを拡張できる柔軟性や俊敏性といった魅力が後押しとなり、世界中の企業がクラウドサービスを導入している。「Microsoft Office 365」などのSaaSは、とりわけ人気の高いクラウドサービスだが、電子メールをはじめとす...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
7つのケースで解説:Citrix XenApp 選択のポイント
 近年、ユーザーが場所や時間に制約されることなく、業務に最適な機器でシステム接続する手段としてデスクトップ仮想化が注目を集めている。 本ホワイトペーパーは、セッションベースのデスクトップ仮想化テクノロジーとして、「Citrix XenAppをどのような場合に選択す...(2015/8/27 提供:株式会社日立製作所)

レポート
5分で理解する「ハイパーコンバージドシステム」の仕組み
「コンバージド(垂直統合型)システム」と「ハイパーコンバージドインフラシステム」。データセンターの管理者は現在、この2つの選択肢がある。両者には違う点も多いが、フラッシュストレージという共通要素もある。本稿ではハイパーコンバージドシステムの仕組みと主要...(2015/8/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
こんなはずじゃなかったサーバ仮想化、「困った!」を解決する「コンバージドシステム」とは
 乱立する仮想サーバ、右肩上がりに上昇する運用管理コスト、低下するエンドユーザーの満足度――今や当然となったサーバ仮想化でこのような状況に悩む企業が増えている。サーバ仮想化がうまくいかない原因の1つは、企業が導入に当たり、多くの技術要素を検討する必要が...(2015/7/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
INTEROP TOKYO 2015リポート(1):企業が注目すべき「SD-WAN」とは何か
 INTEROP TOKYO 2015を前に、日商エレクトロニクスとマクニカネットワークスは、米Viptelaと国内販売代理店契約を締結したと発表し、そのソリューションをINTEROPの会場で紹介した。一方、ネットワンシステムズは、VeloCloudとの代理店契約を発表、同社のサービスをINTER...(2015/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
インフォグラフィックで解説する「Office 365の高速化」
 リバーベットの調査によると、ネットワークの遅延が発生すると、SaaSアプリケーションのデリバリが最大で60%低速化する可能性がある。いかに優れたアプリケーションであれ、クラウドとの通信が遅延を招く恐れがあるのだ。そうなればユーザーの不満は募り、アプリケーシ...(2014/8/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
「大容量・高速ファイル転送ソリューション」がもたらすビジネス改革のチャンスとは?
 日々変動するビッグデータを、グローバルの各拠点からアクセスして分析する作業が可能になることで、分析スピードが向上し、分析内容の幅も広がる。また、CADデータ、高解像度画像などギガバイトクラスの各ファイルを、グローバルに散在する拠点に安全に素早く転送する...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
顧客のデジタルエクスペリエンスの強化を図るシスコとAkamaiの取り組みとは?
 今後、企業をイノベーションに向かわせるテクノロジーはモバイルとクラウドだ。企業の従業員や顧客は複数のデバイスを新しいネットワーク内で活用し、これまでにないメリットを享受する。そんな環境の中、1分間のネットワーク停止は3万ドル弱の損失を発生させるといわれ...(2015/3/19 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
SDNやNFVを見据えた低コストで効率的な拠点ネットワーク構築ロードマップ
 拠点間ネットワークの効率化については昨今、SDNやNFVといった技術が注目され、導入企業も増えつつある。しかしまだ多くの企業にとって、これら技術の導入は先の話だ。その理由の1つに、肝心のソフトウェアが十分に出そろっていないことが挙げられる。比較検証する対象...(2015/3/19 提供:シスコシステムズ合同会社)

Loading