TechTargetジャパン

技術文書
スマートデバイス対応の大容量Webメール、低コスト運用の秘訣は?
 あらゆる企業や組織において欠かすことのできない電子メール。場所を問わずに電子メールで業務を行いたいというニーズから、クラウドへの移行を考えている企業も多い。また、最近ではスマートフォンをはじめとするPC以外のマルチデバイス対応も重要な要素だ。 しかし...(2013/11/7 提供:株式会社日立ソリューションズ)

製品資料
フリーのWebメールにはない、ビジネスWebメールの最新機能とは?
 インターネットとWebブラウザの環境さえあれば、いつでも、どこでもメールの送受信ができるWebメール。昨今では、ビジネス利用の標準メーラーとして選ばれるケースが急増している。その背景には、クラウド化、データの一元管理、スマートフォンなどモバイルでの利用など...(2011/2/21 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は
 企業のIT環境がクラウドに広がったことで、セキュリティ対策も変化を求められている。ネットワークを介して重要データを保存するケースが増え、エンドポイントから先のネットワークのデータ送受信や、クラウド内での挙動をチェックしなければならない。 そこで注目され...(2017/3/31 提供:クロス・ヘッド株式会社)

製品資料
標準メールシステムとして導入が進む ビジネスWebメールの時代がやってきた!
 メールと言えば、私たちはメールクライアントを利用して、会社のメールサーバーにアクセスするものという固定概念を持っている。なぜならインターネットが一般に広く利用され始めてから約20年、その利用形態はほとんど変わることがなかったからだ。メールクライアントは...(2011/11/30 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
Gmailが赤い鍵マークで警告――電子メールの暗号化が欠かせない理由
 Googleが提供するメールサービス「Gmail」で、時折表示される赤い鍵のアイコン。その意味か分からないというユーザーは少なくないが、果たしてこのアイコンが表示されたままメールをやりとりし続けてもよいのだろうか。 実は、Gmailではこの警告アイコンによって、メー...(2017/4/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
約9割が「FAXはなくならない」 コクヨの独自調査で見る帳票業務効率化のカギ
 注文書などの帳票のやりとりでは、今も現役の通信手段として使われている「FAX」。製造業・流通業の受発注業務に関わる担当者などを対象に行った調査によると、約9割の企業が「FAXはなくならない」と回答したという。 もちろん、FAXや紙の帳票をなくして送受信を電子化...(2017/3/29 提供:コクヨ株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

製品資料
少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離
 標的型攻撃は高度化を続け、マルウェアの侵入を防ぐことはますます難しくなっている。主要な対策であるシンクライアント方式、マルウェア検疫方式、添付ファイル削除方式にも既に弱点が指摘され始めているが、それ以上の対策となると高すぎる設備投資コストがネックにな...(2016/12/21 提供:株式会社コネクトワン)

レポート
私物端末で社内システムのアクセスまで許可、金融機関も選ぶ端末管理法とは?
 金融業界のように情報管理が厳しい業界では、これまで業務におけるモバイル活用に消極的な企業も少なくなかった。しかし、高いセキュリティと利便性を備えたモバイル管理技術が登場したことで、金融業界でも私物端末の業務利用(BYOD)などが進みつつある。 その技術の...(2016/8/22 提供:デジタルアーツ株式会社)

製品資料
一般企業の大規模導入が急増! 進化を続けるビジネス向けWebメールの最新機能とは?
 社外からのメール閲覧要求が可能で、携帯電話やスマートフォンでもスムーズに利用できる、さらにメールデータをクライアント側に一切残さないといった特長からその有効性が注目されていたWebメール。かつては外出の多い社員やある特定のスタッフの利用にとどまっている...(2010/3/8 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
わずか2ステップで誤送信防止、中小企業にも手軽なWeb/メール情報漏えい対策
 情報漏えい事件が相次いで報道されるようになり、あらゆる企業が情報セキュリティ対策に関心を持つようになった。しかし、社内リソースやIT予算の不足から十分な対策ができない中小企業の中には、情報漏えいの発生が危惧される状況が少なからず見られる。 JNSA(日本ネ...(2016/9/15 提供:デジタルアーツ株式会社)

製品資料
パスワード漏えいでスパム配信の“踏み台”にならないための防衛策
 標的型攻撃やフィッシング詐欺など、パスワード漏えい事件が多発しており、メールサーバも例外ではない。その結果、外部、特に海外のIPからのメールアカウントへの不正アクセスにより、スパムの発信元として利用され、知らないうちに自分のMTA(Mail Transfer Agent)が...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

製品資料
ハッカーがWebアプリケーションを狙う理由――Web資産保護の弱点を解説
 企業のWebアプリケーションは、顧客の支払いや注文データ、特許製品の仕様など、大量の個人情報や機密情報への経路の役割も果たしている。これらは攻撃者にとって魅力的な情報だが、実際にターゲットにされる理由はそれだけではない。 重要なWeb資産が狙われるもう1つ...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
データセンターセキュリティを支える「多階層の防御機能」とは?
 標的型攻撃やDoS攻撃など、データセンターを狙う攻撃手法はどれも巧妙化し、しかも近年は大規模になってきている。これら攻撃の7割がレイヤー7のアプリケーション層に向けられたものといわれている。一方、ネットワークおよびインフラストラクチャ階層でのセキュリティ...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
脆弱性対策からデバイス管理まで、面倒なPC管理はどこまで統合できる?
 スマートデバイスやデスクトップPC、ネットワークに接続されたプリンタなど、企業が保有するIT資産の数は膨大なものとなる。多くの企業がこれらの管理とセキュリティ対策に異なる製品を用いているが、こうした手法がコストや管理の負担を増大させる要因となっている。 ...(2016/7/19 提供:クオリティソフト株式会社)

レポート
帳票電子化の実態調査レポート――他社の実情と電子化推進のポイントを解説
 2015年に電子帳簿保存法の規制緩和が実施されたことで注目されるようになった電子帳票システム。業務効率化やコスト削減といった電子化による効果を最大限引き出すには、周辺業務を同時に見直すことが重要だ。 特に発行量が多く、郵送等にコストが掛かる請求書や注文書...(2016/6/30 提供:コクヨ株式会社)

講演資料
アプリ/デスクトップの仮想化でセキュリティを強化――検討すべき5つの要件
 近年、相次いで発生している情報漏えい事件では、マルウェアが使われた報告が少なくない。Web閲覧やメール送受信を行うクライアント端末は狙われやすいため、さまざまな対策が取られているが、業務アプリケーションの互換性の問題からいまだに旧バージョンのWebブラウザ...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
Webサイトの問題点を見過ごしていないか? 自動ツールとプロの手による診断の違い
 自動診断ツールによるWebサイトやアプリケーションの脆弱性診断は、サイト構成や画面遷移の条件によって全ての脆弱性を検出できないケースもあり、セキュリティ上の問題点が残ってしまう。つまり、ツールだけのチェックではセキュリティリスクを無くすことができない。(2016/3/29 提供:株式会社ラック)

講演資料
標的型攻撃にも効果的なWebフィルタリングの有効性とは? ユーザー部門別ケーススタディで学ぶ
 モバイルやクラウドサービスの普及により、ワークスタイルは多様化し、あらゆる場面でWeb通信の機会は増加している。一方、企業の管理下にないIT機器やサービスを社員が業務利用するシャドーITが、セキュリティリスクを生む要因にもなっている。 そこで見直したいのが...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

講演資料
「セキュリティ強化」と「利便性」、両立させる対策のススメ
 企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない中、対応が後手に回るケースが多い。意思決定プロセスの不備、専門家の不在、情報収集能力不足などが原因だ。これら全てに対して、社内リソースだけで賄おうとしても実現が難しいことも多い。そこで、外部サービスを活用するとい...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
中京テレビ放送が感じた、Office 365のメールセキュリティに足りない機能とは何か?
 1969年に開局して以来、愛知・岐阜・三重でテレビ放送事業をはじめ、文化・スポーツ振興なども積極的に行い、地域とともに歩んできた中京テレビ放送。メールシステムは自社サーバだったが、容量の問題からクラウド移行を検討し「Microsoft Office 365」を採用した。 導...(2015/10/19 提供:株式会社クオリティア)

製品資料
模擬メール訓練で、標的型攻撃への“免疫力”を高める
 標的型攻撃は不正なメールを使ってユーザーを欺き、システムに侵入して重要情報を盗むなど、あらゆる混乱の火種を広げていく。これらは決して愉快犯的なものだけではなく、第三者から依頼を受けた“ビジネス”として高度かつ複雑に、専門的な攻撃が実行される。これに対...(2015/10/5 提供:株式会社プロット)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
進化を続けるネットワークセキュリティ 導入・運用の課題は“外出し”で解決
 企業のネットワークを取り巻く状況は絶えず変化している。例えば、クラウド、モバイル、モノのインターネット(IoT)を含む次世代のネットワークでは、異なる基準のネットワーク監視ツールが必要になる。そうした変化に伴って生じる課題や脅威に対処すべく、ネットワー...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

製品資料
「年金情報流出事件」の手口から学ぶ、多層防御による標的型攻撃対策とは?
 日本年金機構の年金情報流出事件で注目された「標的型攻撃」は、目的を持って特定の組織に向けて行われるサイバー攻撃である。手法はさまざまあるが、その手口は年々巧妙化しており、今回の事件のように、一見、仕事に関係する文面のメールに、ウイルス対策ソフトでは判...(2015/7/16 提供:クオリティソフト株式会社)

製品資料
メールサーバの不正アクセス元、実は社内だった──を防ぐには?
 メールサーバへの不正アクセスと聞くと社外からの侵入を想像するが、実は組織内部においても発生しているのが実情だ。システム管理者権限を用いた常駐作業員によるものや、ある程度のIT知識を持つ社員によって同僚のアカウント内情報を盗み見していた、など同じサイト内...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

レポート
ゆっくり、ひそかに他業種を狙い始めた金融マルウェアの亜種とは? 最新セキュリティレポート
 一部の推定では、2014年、世界で10億を超えるeメール、クレジットカード番号、パスワードなどの個人を特定できる情報(PII)の漏えいがあったことが示されている。特に“designer vulns”(名前を持つ危険度の高い脆弱性)は 、2014年を通して継続し、セキュリティリス...(2015/5/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
Oracle Exadata導入事例 2015――全てのデータベース処理に驚異的な性能でビジネスを革新
<こんなことを実現したい人にオススメ!>・データベース統合によるITコストの削減・アプリケーションの劇的なパフォーマンス・リアルタイム分析やデータベースクラウド(DBaaS)実現によるビジネス革新 Oracle Exadata Database Machineは、オンライントランザクション...(2015/4/6 提供:日本オラクル株式会社)

事例
事例と有識者による徹底討論で検証「IAサーバの代替になり得るLinuxプラットフォーム」
 IAサーバでは思ったようなパフォーマンスが出ず、ビッグデータ時代への対応に不安を感じているユーザーは多い。その解決策としてOSSを利用したハイパフォーマンスマシンの導入は有力な選択肢だが、いくら快適な環境になっても、導入までのアプリケーション移行や導入後...(2015/4/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading