2007年11月29日 19時11分 公開
ニュース

オープンソース・ジャパン、「ITIS」のSolaris 10対応版を発表NEWS

Webサーバのレスポンス時間測定を実施できるインターネットインフラの測定ソリューション「インターネット・トラフィック・インフォメーション・サービス」がSolaris 10に対応

[TechTarget]

 オープンソース・ジャパンは11月29日、インターネットインフラの測定ソリューション「インターネット・トラフィック・インフォメーション・サービス(ITIS)」のSolaris 10対応版の販売を開始した。本ソリューションは同社が2006年6月に発表したもので、Apache(Webサーバ)、MySQL(データベース)、PHP(開発言語)、GD(グラフィック描画ライブラリ)など、複数のオープンソースソフトウェアを利用して開発されている。最大3000カ所の任意のWebサーバに対して接続要求を出し、その応答時間までを最短10秒間隔で継時的に測定できるという。当初、OSとしてLinuxを想定して提供していたが、今回サン・マイクロシステムズの実施した「Solaris 10 Moves Ahead プログラム」に参加し、Solaris 10へのポーティング作業を実施した。

 同時に複数サイトを測定することで、任意のサイトの相対的な応答時間の把握が可能。また、継時的なデータ取得により、時間帯ごとの応答時間の変化も把握できる。測定結果を自動的にグラフ化してレポートする機能により、要件に応じて秒・分・時・日・月単位での変化や、緯度経度情報を利用して地図上へのプロットも可能だ。価格はサーバ1台当たり100万円。オプションで導入・設定支援・測定サービスが用意されている。

関連ホワイトペーパー

Solaris | オープンソース | MySQL | Apache | PHP


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...