2008年02月19日 19時37分 公開
ニュース

ディサークルとウイングアーク、ワークフローに帳票入力画面開発機能を追加NEWS

ポータル型ワークフロー「POWER EGG」とWeb入力画面開発ツール「StraForm-X」が連携、紙やExcel、Wordによる申請フォームをそのままワークフローに載せて運用できる機能を提供する。

[TechTarget]

 ディサークルとウイングアーク テクノロジーズは2月19日、ディサークルのポータル型ワークフロー「POWER EGG」とウイングアーク テクノロジーズの帳票入力画面開発ツール「StraForm-X」の連携ソリューションを発表した。

 両製品の連携により、各種申請書のフォーマットを作成・変更できるStraForm-Xの申請フォームデザイン機能をPOWER EGGのオプションとして利用し、紙やExcel、Wordなどの今まで使用していた申請フォームをそのままワークフローに載せることが可能になる。

 システム開発面では、ノンプログラミングで申請フォーム作成が可能なため、開発工数を削減できるメリットがある。また、申請から承認、決裁までを一貫したワークフローで実現することから、内部統制の観点からも有効な手段としている。

関連ホワイトペーパー

ワークフロー | ポータル | 帳票 | 内部統制


ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...